社長ブログ

塗装で気になるお話

2016年06月08日

こんにちは、
「暑いですね!」

関西、関東では梅雨らしいですが、
十日町は暑いです。
梅雨はいつごろからになるのか、どうも田んぼや畑を
大切にしている農家さんは雨がほしいようです。

さて、本業の工事のほうですが農家の方とは
反対に、お天気のおかげで順調に進んでおります。

まずは、先月上棟いたしました家も
順調に進んでおります。現在第三者機関の防水検査
金物検査を受けて床張りや窓枠付けを進めております。

櫻澤さん造作中1

櫻澤さん床張り中

そして、これから建前を控えています鉄骨住宅
の基礎進行中で、明日はコンクリート打設を行います。

池田さん基礎

こちらは、6月5日に行われた地鎮祭の写真です。

今日から地盤改良を開始いたしました。
橋本さん地盤改良

今日からの物件がも一件、台所、居間の改装開始です。

上村さんキッチン

次は、今日のトピックでもあります「塗装の気になるお話」です。
写真は昔ながらの木の壁板を外壁に張った写真ですが、
ご覧のように塗装が剥げたような状態になっています。
これは、前回塗装した業者さんが高圧洗浄をしなかったことが原因です。

田中さん外壁けれん前
いくら木の板でも、きれいに塗装がしみ込んできちんと
仕上がっているところと、ほこりの付いているところ、
塗装が浮き上がっているところなど、様々です。
その上に、新たに塗装をかけると浮き上がっている場所などは
このように剥がれてきてしまいます。

この写真は、すでに高圧洗浄した後の写真ですが
このままではまた剥がれてしまう可能性があるため
この後手作業で、けれんし磨きをかけて塗装いたします。
さらに、今までの塗装は明らかに1回塗りです。
やはり2度塗りはしてほしいものですね!

いくら、安いからと言ってうっかりお願いしてしまうと
塗装の寿命が3年や5年で終わってしまいます。
しっかり塗り込んだものは15年くらいは持つといわれています。

外壁や屋根の塗装は、足場が必要です。
3年ごとに、安さに心動かされて塗っていたのでは
何倍も高くなってしまいます。

みなさんも見積もりをよく見て
どのような塗料で、どんな順番で塗装するのか
しっかりと確認してから決めてください。

最近は、「錆を固めて」・・・といった塗料もあるようですが
高圧洗浄もしない状況では何を塗装しても
あっという間に塗り直しになってしまいます。

なんの工事もそうですが、安いには安い理由が
あるという良い事例でした。

ちなみに、こちらのお客様はこりごりしていました。

何か参考になりましたら幸いです。
不安に思ったら相談してみてください。