二代目ブログ

間取りの考え方:日当たり編

2016年07月07日

みなさんこんばんは。

水落住建の水落雅士です 🙂

 

前回「間取りの考え方:動線編」と言うブログを書きましたが、

今日は「日当たり編」で考えて行きたいと思います!

hiatari

日当たりで重要なのは当然「太陽」になります。

太陽がどれくらいの時間にどれくらいの位置にいるのか

それを考えながら間取りを考えていきます!

 

ではどのように考えるのかと言いますと、

太陽は東から登り、西に沈みます。

つまり、朝日が当たるのは東、

夕日が当たるのは西と言うことになります。

 

それを踏まえて、どの方角にどんな部屋を持ってくると

いい感じになるのかまとめてみます!

 

●北

北は基本的には日陰になることが多いため

あまりメインの部屋を北に持ってくることはありません。

なので北には・・・

「トイレ」「脱衣室」「浴室」など水回りを持ってくることが多いです。

 

●東

東は朝日が入ってきますので、寝室や子ども部屋を持ってくることが多いです。

朝日が入ってきたほうが、朝気持ちよく起きれそうですよね!

 

●南

南は日が入りやすい方角ですので、リビングや客間など

普段生活するスペースを持ってくることが多いです。

 

●西

西は西日が入りやすく、夕方に日の光が集中して入ります。

居室を持ってくると、夏などは集中的に西日が入り、

部屋がサウナ状態になってしまいます 😥

なので、西には物干しスペースや物置などを持ってくることが多いです。

 

以上、簡単ですがまとめてみました 😛

 

もちろん、これが正解と言うわけではなく

土地や近隣の状況によっては、北にリビングを持ってきたり

南に水回りを持ってきたりもします。

 

その辺は臨機応変ですね 😉

 

ただ、間取りを考える上で日当たりを考慮することは必須条件です!

間取りを考える際には是非意識してみてくださいね!

 

次回は風向き編でも書いてみようかと思ってます 😀

それではまた!