二代目ブログ

間取りの考え方:風向き偏

2016年07月14日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

ムシムシと暑い日が続きます・・・

梅雨明けはまだかー(´Д`;)

 

そんな暑い日はうまく風を取り入れて生活をしたい!

エアコンや扇風機も良いけど

自然の風がやっぱり気持ちいい気がします!

 

と言うことで、どのような間取りにすると

風がうまく入ってくるのか

簡単にご紹介します 🙂

 

まず、建てる土地の風向きを把握することが大事です!

どんなに風が入りやすい間取りにしても

風向きと違うほうに建ててしまっては意味がありません 😐

なので、先ずは現地に行ってどこから風が吹いているのかを把握します。

 

その後、どこから風が入ってくるのかを考慮しながら

窓の位置やリビング等の位置を決めていきます。

基本的には北から涼しい風が入ってくる土地が多いので

北面には夏に風が入りやすいように設計していきます。

ただし、冬のことを考えると、あまり大きな窓はつけたくありません・・・。

 

そこで便利なのが

「縦スベリだし窓」という種類の窓です!

縦スベリ

写真のような窓のことを縦スベリだし窓といいます。

 

この窓の便利なところは

ガラスがドアのように開くため

風を受け止めて家の中に入れてくれるのです!

風向き

イメージとしてはこんな感じ!

その他、同じ考え方で

壁をわざと出すのも風を受け止める役割が出来ますので

デザインを考えながら壁をわざと出したりすることもあります!

 

こんな感じで

風向きと風の取り入れ方を考えて

間取りをするのも、生活を快適にするためのひとつの手段です!

是非参考にしてみてくださいね 😛