お役立ちブログ

地震に強い家はどんな家?

2016年07月21日

皆様はじめまして。

このブログでは家造りに対して役に立つ情報をドンドンと載せていきます!

実際に家造りを始めるには何からはじめたら良いのか、

家造りの際に注意しなければいけないことなど様々なところに視点を置き、

皆様にわかりやすくお伝えしていきます!

 

 

そんな記念すべき1回目の情報は

【地震に強い家】をテーマにお送りします。

 

地震の多い日本ですが、我々の住むこの中越地方でも、

近年では2004年10月の中越地震と、

2007年7月の中越沖地震の規模の大きい地震が二つ発生しています。

「まさかたった3年で大きい地震が来るなんて」とよく耳にしたものです。

今年4月の熊本地震発生後には中越地震当時の話題が増えました。

 

中越地震後には「木造住宅は怖いから鉄骨造りにしたい」というお客様の意見が多く見受けられました。

あれだけの大きな地震でしたからお気持ちは十分に理解出来ます。

反面「そこまでの予算はとても厳しい」という声もありました。

 

では、木造住宅は安心出来ないのか?

決してそんな事はありません。

 

耐震に関する法律と制度は勿論、平成26年度には「長期優良住宅化リフォーム推進事業」がスタートし、

当社は十日町市で一番乗りをし、既に数件のお宅を工事させて頂きました。

 

とても分かり易く言うと「大きな地震でも倒壊しない家をつくろう!」という取り組みです。

 

新築とリフォームは全く別物と思いがちですが、共通点もありますので簡潔に挙げていきます。

 

・地盤に関すること

・建物の形や間取り、重さ

・柱の配置、接合部の補強

・筋交い等の耐力壁

・建物のズレを生じにくくさせる

・建物の劣化対策

 

これらを一つ一つ解説していくと、とても長くなってしまうので、

疑問やもっと知りたい事がありましたら、

お気軽に「この話を聞きたい」とお問い合わせ下さい。