二代目ブログ

省エネ住宅を今から建てるメリットは?

2016年09月14日

みなさんこんばんは。

水落住建の水落雅士です。

 

今日のブログは、

昨日書いた内容をもう少し詳しく書いていきたいと思います!

 

昨日のブログの内容はこちらから↓

「省エネ住宅の適合が降りました」

 

昨日の内容は、2020年以降は省エネ住宅以外は

建てれなくなるとお伝えしました。

 

実は、リフォームも例外ではありません。

2020年ではありませんが、近い将来

一部リフォームをするにも省エネ住宅の基準を満たさなければ

リフォームしてはいけないという時代が来ます。

 

一部のリフォームとは・・・

「外壁」「内装」「サッシの入れ替え」など断熱かかわるリフォームになることが想定されています。

 

さらに、既存の住宅でこの省エネ基準を満たしていない住宅のことを

「既存不適格建築物」と呼ばれるようになります。

 

・・・・気分悪いですよね 😕

 

既存不適格建築物とは

建てた当時はなんの問題もなく適合しているのに、

時代が進むにつれて基準法が厳しくなり、

適合しなくなった住宅のことを言います。

 

建っていること自体には何の問題もありませんが、

先ほど申し上げたとおり、リフォームをする際などに

新たに確認を要したり、必要以上のお金が必要になったりします。

 

つまり、今から省エネ住宅に適合した家を建てておけば

リフォームをする際に、追加の費用がかかりにくくなったりします。

 

また、今現在国が省エネ住宅を進めているため、

省エネ住宅に関する補助金がたくさん出ています。

 

こういったことも含めて

今から省エネ住宅を検討することをお勧めいたします。