社長ブログ

「久しぶりの外断熱」

2016年10月01日

こんにちは、昨日、今日とお天気で暑いくらいの
陽気ですが、どうも田んぼの中は水たまりが
ひどくて、まもなく終了しそうな稲刈りも
苦戦しているようです。

 

当社では高断熱、高気密の住宅がスタートしたころ
主に外断熱工法で家を建てていました。

しかし、長期優良住宅という国が推奨し
補助金も出るような住宅を建てるのが

必然的な時代が近づいたときに
外断熱では若干断熱性能がおちていることが

原因で断熱材の厚みを厚くするか
あわせて中側の壁の中にもグラスウールなりの
断熱材を入れて基準の断熱性能にアップしなければ
いけなくなりました。

 

特に、中里地内から津南地域にかけては

地域的に寒冷地の基準が一ランク上にする必要が
あり、コスト面と施工性も考えて、内断熱工法に変更しました。
内断熱は断熱材の厚みを基準数値にするための
厚さにすることが容易であることが決め手でした。

%e5%a4%96%e6%96%ad%e7%86%b1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今回外断熱プラス内側へグラスウール
にしたのは、建物の構造が鉄骨であったためです。

ご存知のように鉄は熱伝導率が木材に比べると
随分高いので、冬場の外の冷気で鉄が冷え
内部の暖房によって結露が起こる可能性が
かなり高いということで外断熱にし、外気の気温に

なるべく影響が出ないように断熱材ですべてを

くるみこんでしまったのです。それによって

外気温の影響がかなり減ることになり、

一番恐れています結露の発生を避けることができます。

 

と言ったことで、今回は久々に外断熱工法で

施工させていただきました。

工事もまもなく終了ですが、かなり
断熱性の良い家になっていることは間違いないです。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できることなら、体験いただけるといいですね!

それではまた!