二代目ブログ

住宅ストック循環支援事業:リフォーム偏

2016年10月27日

みなさんこんばんは。

 

水落住建の水落雅士です。

 

昨日に引き続き新しい補助金についてお伝えしていきます 😀

 

事業の名称ですが、

「住宅ストック循環支援事業」と言う名前です。

 

長い・・・ 😐 (笑)

 

この事業は大きく分けて3つの内容に別れています。

①リフォームをする際に出る補助金

②中古住宅を購入→リフォームをする際に出る補助金

③既存の住宅を壊し、新しく住宅を建てる際に出る補助金

 

大きく分けてこの3つです。

 

今日は①の

リフォームをする際に出る補助金について少し説明していきます。

 

まず補助金が出る要件ですが、

・エコリフォームを実施すること

・リフォーム後に耐震性が確保されていること

この2つが条件となります。

 

エコリフォームの実施とは、省エネ性や節水性、断熱性を高める工事のことです。

耐震性の確保とは、昭和56年6月1日以降の物件であれば、

特に工事をする必要はありません。

それ以前の物件だと、耐震工事を一緒に行う必要があります。

と言うのも、昭和56年に新耐震基準が設定されましたので、その基準に合わせましょう。

と言うことです。

 

次に補助額です。

補助額は工事費によって変わりますが、

最大で30万円、耐震工事を行う場合は45万円まで補助されます。

 

さらに、昨日もサラッと書きましたが

現金還元

ですので、かなりありがたい話だと思います 😯

 

では、簡単に工事内容を説明しますね 😀

対象となる工事内容は

・サッシの入れ替え、又は内窓の設置

・外壁、屋根、天井、床の断熱改修

・省エネ設備の設置

主にこの3つが対象工事となります。

そのほかに、バリアフリーにしたり住宅の劣化対策を行うことで

追加の金額が出るようになります。

 

内容としては去年あったエコポイントとほぼ同じ感じになります 😀

 

簡単ではありますが、リフォームの補助はこんな感じになっています。

 

まとめると・・・

①補助の対象となるのは「リフォーム工事」

②省エネに関するリフォームでなければならない

③耐震性を確保していなくてはならない(昭和56年がポイント!)

④補助額は最大で「30万円」

⑤サッシや断熱、設備の工事で対象となる

 

こんな感じになります。

もっと詳しく聞きたい方は直接お問い合わせいただければ

もっと細かくお話できますので、是非お気軽にお問い合わせください 😀

 

次は中古物件についてお話しますね!

 

それでは今日はこの辺で。