二代目ブログ

住宅ストック循環支援事業:中古住宅偏

2016年10月29日

みなさんこんにちは。

水落住建の水落雅士です。

 

はじめに、昨日スタッフブログでも書いていましたが、

今朝、中条で新築工事をしていたH様邸のお引渡しをしてきました 😀

お施主様から「大事に住んでいきます」と言う

とてもうれしいお言葉を頂きました!

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

さて、前回のブログに引き続き、

「住宅ストック循環支援事業」について書いていきますね。

前回は「リフォーム偏」と言うことで書きましたが、

 

今日は「中古住宅」について書いていきます。

この中古住宅に出る補助金ですが、

そもそも「若者に住宅を持ってほしい」と言う国の想いから、

「40歳未満の方のみ」の対象となっています。

 

前回のリフォームで出る補助金には年齢制限はありませんでしたが、

こちらの中古住宅に関しては40歳未満と言う制限がついているので、注意が必要です。

 

そして、この補助金は中古住宅を購入するときに出るものではありません。

中古住宅を購入し、

「インスペクション」と言う既存住宅の検査を行うことに対して

5万円の補助金が出ます。

 

そのインスペクションを行った後に、

購入した住宅のリフォームを行うことで

さらに最大45万円の補助金が配当されます。

 

インスペクションの補助とあわせて最大50万円の補助金と言うことですね。

 

ちなみに、こちらのリフォームの内容も

前回のリフォーム偏と同じく、

「エコリフォームに対してのみ適応」となりますので、

こちらもご注意ください。

 

その他、既存住宅売買瑕疵保険と言う保険に入ることも

必須条件となります。

こちらの保険に関しては、中古住宅を購入する際に

販売業者の方から詳しい話を聞いてみてください 😀

 

リフォームと比べ、少しややこしい内容となっていますが、

40歳未満の方で中古住宅を購入される方には

かなりお得な補助金内容となっています。

 

前回のリフォーム偏とあわせて、もっと詳しい話を聞きたい方は

お気軽にお問い合わせくださいね 😉

 

次回は建替え偏を書いていきますね。

 

それでは、今日はこの辺で!