二代目ブログ

住宅ストック循環支援事業:建替え偏

2016年11月04日

みなさんこんばんは。

 

水落住建の水落雅士です。

 

少し間が空いてしまいましたが、

前回に引き続き、補助金について書いていきますね!

 

前回までのブログは

住宅ストック循環支援事業:リフォーム偏

住宅ストック循環支援事業:中古住宅偏

こちらをご参考ください 😀

 

さて、今日は住宅ストック循環支援事業の中で最後の項目

「建替えに関する補助金」をご紹介します。

 

この補助金はその名の通り、

建替えを行う際に補助金が交付されるのですが、

注意しなければならないのは

「昭和56年6月以前の物件であること」が条件です。

 

他の2つの補助金に関しては、耐震性を確保すると言う点で

56年6月以降の物件と言うことでしたが、

 

建替えに関しては

「耐震性を持たない住宅を建替える場合に対象となる」と言うことですので、

昭和56年6月以前の物件である必要があります。

 

その他にも、

新築を建てる前に今までの住宅を解体しておく必要もあります。

 

そういった点では対照となる方は限られてくるのかもしれません。

 

ただし、対象となれば補助額が最大で30万円。

そのほかに、加算対象となれば最大で50万円まで補填されますので、

活用できる方はお得に建替えをすることが出来ます!

 

 

今までに住宅ストック循環支援事業に関して

3つの記事を書きましたが、

エコリフォームに関してはかなり使いやすい補助金となっていますので

是非是非ご活用くださいね!

 

もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください 😀

 

それでは、今日はこの辺で!