お役立ちブログ

完成見学会はチャンス?見学会のチェックポイントや見所について

2016年11月11日

完成見学会は一般の方の新築工事で完成したお家を見に行きます。

構造など内部を見ることは出来ません。

では、見に行く意味がないかといったらそんな事はなく、

もし近くで行なっていれば積極的に見に行きましょう。

 

完成見学会でのチェックポイントを紹介したいと思います。

完成見学会は住むご家族の家族構成やライフスタイルにそって作ってあります。

どんな設備になっているか、どんな間取りになっているか

どんな所を工夫しているかを見ます。

どんな設備がついているかをチェックすると参考になりますし、

どんな家を作ってくれるのかがわかります。

生活動線も実際に歩いてみることで確認してみるといいでしょう。

 

そして、家を建てる上で非常に大切なのは日当たりです。

きちんと日が入る場所を上手に取り入れて部屋を作ってあるか、

どれくらい日当たりがあるのかを見ましょう。

また、窓の数や大きさは適切かどうかも完成した家を見れば分かるでしょう。

家のデザインや間取りは住むご家族の好みがあるので、

あなたの理想の家かどうかは分かりませんが、

どの方角にどういう部屋を作ったら太陽などの自然のつくりを

上手く取り入れるかなどの基本は同じです。

分からない事や疑問に思うことは遠慮せずに聞くのが大事です。

きちんと家を建てる基本的な部分が守られているかをしっかり確認する事が大切です。

見学会会場には、実際に携わった現場監督や担当営業さんがいらっしゃいます。

話をしてみて、社風を知ることも家つくりの大切なチェック項目になります。

自分が建てたいなと思っている工務店が作った完成見学会を

見ることが出来るというのはとても貴重な事です。

何故ならお客さんの許可がなくては出来ないからです。

誰でも新しく出来た自分の家に他人があがるのはいやだと思います。

それが新築ならなおさらです。

そのため、タイミングが合わないと完成した家を

見に行くチャンスがないので、

近くで行なっている場合は是非、見に行ってみてください。

このように、完成見学会でのチェックポイントを紹介しました。

確かに断熱や骨組みなど内部のことまでは分からないと思いますが、

今後自分が家を建てる家イメージもしやすいですし参考になります。

多くの完成見学会に足を運んでみることをおすすめします。

ぜひ、参加してみてください。