二代目ブログ

アルミカーポートの注意点

2016年11月15日

みなさんこんにちは。

水落住建の水落雅士です。

 

前回は、アルミのカーポートについて

色々書いていましたが、

今回もアルミのカーポートについて書いていきますね!

ちなみに、前回のブログは

アルミカーポートのオススメ

こちらからどうぞ!

 

では、今日はアルミカーポートの注意点について書いていきます。

前回「2m積雪対応の物が出ました」とお伝えしましたが、

実はこの2mの基準は「新雪」での計算になっています。

つまり、実際に積もっていく雪の考えで行くと

大体1.5m~1.7m程度で雪を降ろさないといけません。

 

では、降ろさないでいるとどうなるのかと言うと、

アルミの材料が折れたり曲がったりします。

 

折れればもちろんカーポートの倒壊と言う形になりますし、

曲がると言うのは、アルミは金属ですので、

一度曲がると、元通りには戻りません。

 

なので、いくら2m耐雪だといっても、余裕を持って雪降ろしを行う必要があります。

 

次に施工業者にも気をつけなくてはいけません。

以前、お客様で

「インターネットだと50万円くらいで買えるんだけど」

と言うお話を聞きました。

施工費用も込みでその金額だったそうです。

 

正直、かなり安い金額です。

結局、そのお客様はインターネットで注文されたのですが、

工事のやり方を見て、安い理由に納得しました。

 

私たちが工事をするときは、カーポートの脚の埋め込みをしっかりと取ります。

さらに、脚が動かないようにコンクリートで固めるのですが、

 

インターネットで注文された工事の人は、埋め込みの深さが

なんと半分程度しかなかったのです。

さらに、コンクリートでも固めず、そのまま埋めてしまいました。

 

埋め込みの深さが浅いと、地面が凍結した再に、一緒カーポートが持ち上がってしまったり

実際の耐雪よりも弱くなってしまったりする問題が出てきます。

 

そのカーポートが倒壊したとは聞きませんが、

万が一の時には怖いですね。

 

このように、いくら安いからといっても

工事をする人は注意してみていただいたほうが良いかと思います。

 

主にこの2つに注意をしていただきたいと思いますが、

こまめな雪降ろし、ちゃんとして施工業者を選んでいただくことで

カーポートはすごく使いやすいものになりますので、

是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今日はこの辺で。