二代目ブログ

家具選びのポイント(色とデザイン)

2016年11月24日

みなさんこんばんは。

水落住建の水落です。

 

今日は雪予報だったのが降らずに、

よかったよかったと一安心していましたが、

東京のほうは初雪が降ったそうで・・・

こっちもまもなく降りそうな気配ですね・・・

 

さて、前回の続きで

家具選びのポイントを書いていきますね 😀

ちなみに前回はこちら↓

家具選びのポイント

 

では、まずは色から説明していきますね!

これは、好みの問題も当然ありますよね。

 

 

青色が好きだ

赤色が好きだ

黒色が好きだ

・・・など、色の好みは人それぞれありますので、

一概には言えないのですが、

 

 

 

大事なことは

「内装をどんな色にしたか」

と言うことが重要になってきます。

 

例えばわかりやすく、

内装が真っ白だったとしましょう。

%e7%99%bd%e5%86%85%e8%a3%85

こんな感じのお部屋に、どんな色の家具を置きたいですか?

 

 

私であれば「白以外」を起きます。

もちろん白のテーブルやソファでも全然OKです。

そっちのほうが統一感も出るし清潔感が出ますから 😀

 

ただ、真っ白すぎると部屋の中の「メリハリ」が無くなってしまいます。

 

 

 

ではこの部屋に、ブラウン系のソファを置いたとしましょう

siroheya

こんなイメージ、どうでしょうか?

部屋に少しメリハリが付いた感じがしませんか?

 

このように、白い内装であれば

少し濃い目の色をおいてあげると、部屋がグッと引き締まる感じになるので

私個人的にはオススメです 😀

 

 

次に、内装に色をつけた場合

 

dsc_0026

こんなリビングだったとしたら、

「部屋に存在する色」に合わせることで、

違和感なくデザインが出来ます。

 

この場合は、床がブラウンなのでブラウン系のテーブルやソファ

キッチンに少し赤みがあるので、

ダイニングチェアのシート部分が赤いものでもおしゃれな感じになりそうですね 😀

 

あまり色を混在させると、まとまりがないお部屋になってしまうので

色はあまり増やしすぎないほうが良いかもしれません。

 

 

次にデザインです。

 

ではこんな感じのリビングはどうでしょう?

mokunaisou

木に囲まれたやわらかい雰囲気のリビングですね。

このように「内装のデザインが決まっている場合」

これは、当然部屋にあわせて家具を選んだほうが良いです。

 

なので、この部屋に置く家具としては、

木目が出ているデザインだったり、丸い形のものだと

部屋の統一感がいい感じにまとまります 😀

 

 

次にこちらのリビング

naisoukuro

白黒でスタイリッシュな雰囲気ですね。

この場合は、ガラスのテーブルであったり

少し角ばったもの(四角いもの)でまとめると

部屋の雰囲気がよりスタイリッシュなイメージになってきますよ!

 

 

最後にまとめですが、

色とデザイン、両方に共通して言えることは

「内装の色やデザインをメインに考える」ことです。

そして、「色、デザインを混在させすぎない」こと。

 

この二つが家具選びで重要なポイントとなってきますので、

是非意識して家具選びをしてみてください!

 

それでは、今日はこの辺で 😀