お役立ちブログ

電力自由化に伴う新しい電気料金!!

2016年11月30日

今年の4月から「電力の自由化」が実施になり

様々な企業が電力のサービスを開始しました。

十日町では、もともとある「東北電力」に加え

「au電気」と「ENEOSでんき」の2つがあります。

「au電気」「ENEOSでんき」はそれぞれ

スマートフォンやガソリンを使っている場合は

メリットがありますが、それ以外の方は「東北電力」

のほうが良いのではないかと思います。

と言うのも、電力の自由化に伴って

東北電力で新しい電気料金プランが開始されました。

いくつかご紹介します。

①よりそう+ナイト12・10・8

これは今までの「深夜電気」とほぼ変わりません。

よりそう+ナイトでは

夜21時~朝9時までの12時間が安い「よりそう+ナイト12」

夜22時~朝8時までの10時間が安い「よりそう+ナイト10」

夜23時~朝7時までの8時間が安い「よりそう+ナイト8」

この3つのプランがあります。

それぞれ、深夜の料金は安いのですが、昼間の料金が高くなるので

昼間家に誰かがいる場合はあまり オススメできません。

 

②よりそう+ナイト&ホリデー

これは深夜電力に加えて休日(土日)の電気料金が安くなるプランです。

夜22時~朝8時までの料金と土日の24時間の料金が安くなります。

ただし、「よりそう+ナイト」と比べ、割引率が低いのと

昼間の料金が少し高めの設定なので、注意が必要です。

 

③よりそう+シーズン&タイム

これが今、東北電力が一番推している電気料金プランです。

夜22時~朝8時までの料金が安いことに加え、

季節によって安くなる時間帯がプラスされていきます。

12月~2月

夕方16時~18時までが少し高めの割り増しになります。

3月~6月/10月~11月

朝10時~夕方17時までが多少割り増しになります。

7月~9月

朝10時~夕方17時までが少し高めの割り増しになります。

実はこのプラン、雪国・寒い地方向けに東北電力が考案したプランになります。

つまり、冬に電気をたくさん使うことを見越して作られていますので

冬場の電気料金が安くなるように設定されています。

他の2つの電気プランとシュミレーションしてみても

このプランが一番安くなるそうです。

 

以上が、東北電力が新しく出している電気料金プランになります。

このように電力の自由化に伴って新しい電力業者と

今までの電力業者との金額争いやサービス争いが起きています。

自分に合った電気プランはどんなものが良いのか?

しっかりと把握して電気の契約をすると

日々の生活の電気料金をうんと安く出来るかもしれませんよ?

詳しく聞きたい場合はお気軽にご連絡ください。