二代目ブログ

新築で石油ストーブは使わないで!

2016年12月08日

みなさんこんにちは。

水落住建の水落雅士です。

 

めっきり寒くなってきましたねぇ・・・。

一昨日くらいからユニ○ロさんのダウンジャケットを出しました 😕

もう少し防寒着を出さないとだめかなぁ・・・。

 

 

 

さて、先日長岡で省エネ住宅の講習会があったので

参加してきました 😀

 

その講習の中で皆様にも共有しておきたい話がありましたので

少しご紹介しますね 😀

 

聞いたことある人もいるかもしれませんが、

今の新築では基本的に「石油ストーブ」は使ってはダメなんです。

「えー、石油ストーブ暖かいから使いたいんだけど」

と、言われることも多々あります。

 

では、なぜダメなのかといいますと・・・

 

 

 

石油ストーブは、1リットルの燃料を使うと

1リットルの水蒸気が出ると言われています。

 

通気性能がいい家の場合は特に問題ありませんが、

今の新築は基本的に「気密性能」がとてもよくなっています。

 

つまり、家の中の空気が逃げにくく

外の空気が入りにくい造りです。

普段であれば24時間のシステム換気が動いているので

その換気システムで家の空気を循環させているのですが、

一度に大量の水蒸気が発生してしまうと

換気システムだけでは対応できません。

 

 

 

そうなると、石油ストーブを使った場合、

家の中に大量の水蒸気が発生します。

 

この大量の水蒸気はなかなか外に出ることが出来ず、

室内に留まり続け、最終的には

 

「結露」

 

の原因になります。

 

そして、その結露は壁の中まで侵入していき、

柱や土台などの構造体を腐らせる恐れがあります。

 

その先はなんとなく想像している通り、

シロアリの被害や、耐震性の劣化などに繋がって行きます。

 

 

このような理由があるので、基本的には石油ストーブを使わないでください。

と言うことなのです。

 

ただし、オール電化の住宅の場合は、停電になると暖房器具が使えなくなるので

災害時のために1台は持っておくといいと思います 😀

 

家を長持ちさせるためにも

是非覚えておいてくださいね!

 

それでは、今日はこの辺で!