二代目ブログ

雪国でオススメの外壁

2016年12月12日

みなさんこんばんは。

水落住建の水落雅士です。

 

 

ついに降りましたねぇ・・・。

一晩で思った以上に積もりましたが・・・

うぅー・・・

今年も寒い時期がやってきましたね 😥

 

 

 

さて、今日はそんな雪国にちなんでの内容です!

 

雪国でオススメの外壁と言うことですが、

外壁にも様々な種類があります。

○金属系サイディング

○窯業系サイディング

○タイル

○塗り壁

○コンクリート仕上げ

 

などなど沢山あるのですが、

 

高床の3階建ての場合は

基本的に1階はコンクリート仕上げになりますね 🙂

 

ではその他の部分でオススメと言いますと、

断然「金属系サイディング」がオススメです。

 

なぜオススメなのかと言うと、

 

「雪に対して劣化がしにくいから」です。

 

金属サイディングというのはその名の通り

表面が金属で出来ているのですが、

雨や雪に対して耐性が強く

長いものでは15~20年程度メンテナンスをしなくても

状態を維持することが可能です。

(色あせはしますよ! 😯 )

 

それに対して

窯業系サイディングというものですが、

中身はいわゆる「セメント質」の外壁のことです。

デザインや見た目は金属サイディングと比べて

かなり豊富で、金属サイディングよりもかっこいいです 😀

 

しかし、雨や雪に対しての耐性が非常に弱く、

外壁の表面に少しキズが付いたところから

雪や雨で水が浸入し、

そこから内部をボロボロにし

最終的には表面がボロボロになってきます。

%e7%aa%af%e6%a5%ad%e7%b3%bb

これは雪が降らない地域であれば

15~20年程度もつのですが、

 

十日町と言う地域では

最悪10年以内に起こる可能性もあります。

 

こまめにメンテナンスをされる場合は問題ありませんが、

そうでない場合は金属系サイディングでやることをオススメします 😉