二代目ブログ

カウンター材のオススメ

2017年02月14日

みなさんこんにちは。

水落住建の水落雅士です。

 

世の中はバレンタインですねー 🙂

 

他の国では

男性から女性に何かを渡すと言う習慣もあるそうですね!

 

さて、今日はカウンター材について少しお話しますね!

 

カウンターに使う材料も色々ありまして、

一般的な住宅で使われているのはおそらく

「集成材」ではないでしょうか。

 

集成材とは

木を張り合わせて1枚の板を作ったもののことです。

 

丈夫なものが多く、金額的にもやさしいものが多いので

カウンターや棚の材料には広く使われていますね 😉

 

ただし、水に弱いと言う欠点がありますので

使う場所には少し注意が必要です!

 

 

例えば、飲食店なんかのカウンターは

水に強い「桧(ヒノキ)」や「銀杏(イチョウ)」を使うことが多いです。

 

水に強いのもそうですが、

集成材とは違い、1本の木から1枚の板を仕上げるので

継ぎ目等がなく、きれいで高級感あふれるカウンターになります。

 

ただし、集成材と比べ、金額が非常に高いのでよく検討してくださいね!

 

 

ちなみに、イチョウの木には

「殺菌」「抗菌」の効果がありますので

まな板なんかにも使われることがありますよ!

 

木のまな板って、なんだかおしゃれで良いですよね!

 

 

使う場所と金額に応じて

自分に合った材料を選んでくださいね 🙂

 

 

それでは、今日はこの辺で!