お役立ちブログ

リフォームのタイミングは??

2017年03月07日

リフォームはいつでも出来るから

いつやったら良いのかよくわからない!

そんな声を聞いたことがあります。

 

確かに、新築と違い1日で終わるリフォームもあります。

大規模なリフォームも1ヶ月程度あれば終わります。

 

工事期間が短い分「いつでも出来るから」と思ってしまい、

なかなか踏ん切りがつかなくなってきます。

 

では、いつやるのがいいのでしょうか?

 

今回は3つの視点から考えてみましょう。

 

1つ目に安全面で考えてみます。

最近では手摺の取り付けや段差の解消などの工事が多くあります。

これは「高齢化に伴って増えてきた工事」です。

バリアフリー化を考えて取り付けるのであれば、

こちらも早いうちに工事をしてしまったほうが、

介護する側も、介護してもらう側も安全に過ごすことが出来ます。

 

2つ目は生活面で考えてみましょう。

断熱工事や設備機器の入れ替えなどは、

生活基準を上げるための工事なります。

こういったものは当然予算の面も考慮しなくてはいけませんが、

もし、それでストレスを感じているようであれば

早めのご相談されたほうが良いかと思います。

ストレスの軽減によって快適な生活をすごせるようになり、

断熱性能を上げることでヒートショック等の心配もなくなります。

 

そういった部分では早いほうが良いかもしれません。

 

 

最後に将来的な面で考えてみましょう。

将来的なリフォームというのは、

家族が増えるから部屋を増やしたい、

子供たちが帰ってくるから2世帯住宅にしたいなどのことです。

 

これに関しては急いでやってはダメです。

関係する人たち皆さんと相談して、

将来的にどういった生活になるのか、

最大で何人になるのか、車は何台必要なのか

 

しっかりと考える必要があります。

 

「子供が帰ってくるから一部屋増やしてほしい!」

と簡単に決めるのではなく、

本当に一部屋で良いのか?広さは十分なのか、

実際に生活する人としっかりとお話をされてから

工事に取り掛かることをオススメします。

 

 

以上、今回は

  1. 安全面
  2. 生活面
  3. 将来的な面

この3つの視点から考えてみました。

 

自分がどのようなリフォームを考えているのか

当てはめてみながら参考にしてください。