二代目ブログ

シーリングファンの役割

2017年10月18日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

今日はシーリングファンについて少し話しますね!

 

シーリングファンって言うと

なにそれ?って言う人もいるかもしれないので・・・

これです!

おしゃれなカフェとかにありそうなやつですね!

 

これ、ただおしゃれのためにつけているわけではないんですよ 😎

 

大雑把に言ってしまえば、

室内の温度を一定化させるための装置になります。

 

 

イメージとしては「お風呂」です。

 

お風呂の中のお湯って

上にあっついお湯が来て

下に冷たい水が行きますよね?

 

 

室内の空気も同じことが起こります。

暖かい空気は上に

冷たい空気は下に留まるんです。

 

 

それを一定化させるためには

混ぜることが必要になります。

 

シーリングファンを正回転させることにより

下降気流のような状態が発生します。

そうすることで暖かい空気が下にいき、

部屋が均一に暖かくなります。

 

 

逆に、シーリングファンを逆回転させることで

上昇気流のようなものが発生し、

冷たい空気が上に上がり夏場でも室内が均一に涼しくなるのです。

 

 

 

このシーリングファンが活躍するのは

天井が高い部屋、吹抜け部分などで高い効果を出すことが出来ます 🙂

 

 

住宅で吹抜けなどを考えている方は

一緒にシーリングファンも検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは、今日はこの辺で!