二代目ブログ

長岡と十日町は建物が違う?

2017年12月26日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

今年も残りわずかとなりましたね!

水落住建では12月28日が仕事納めとなります。

お急ぎの方は28日までにご連絡いただければと思いますm(_ _)m

 

年末年始の詳しい日程等は近いうちに

TOPのお知らせ欄にUPされるかと思いますので

そちらをご覧ください。

 

 

さて、皆さん長岡と十日町で

建物の質・・・と言うか作りってどれくらい違うと思いますか?

 

 

実は先日、長岡の工務店に知り合いが勤めているので、

無理を言ってモデルルームへお邪魔してきました(笑)

 

 

まず、そもそも違うことが

「雪の量が少ない」と言うことですね。

 

十日町では雪の量が多いので、

雪対策をした家づくりをすることが必要です。

 

例えば、落雪屋根にしたり、3階建ての住宅にしたりする必要があります。

 

しかし、長岡では十日町と比べて雪の量が少ないため、

2階建ての住宅、平屋を建てることも出来ますし、

屋根も落雪屋根や融雪屋根にする必要がありません。

 

当然、井戸を掘る必要性も低いわけです。

 

外壁材に関しても

十日町では雪害がおきにくい「金属サイディング」と言う

表面が金属の外壁を使用することが多いです。

 

長岡では「窯業系サイディング」と言う

石膏系の外壁を使用する場合が多いです。

 

窯業系のほうが色、デザイン等の重厚感といいますか、

一言で言えば「カッコイイ」のです 🙄

 

 

これだけ聞くと

「えー!長岡で家を建てたほうがいいことだらけじゃん!」

と思うかもしれませんが、

 

 

長岡では長岡の大変なところがあるそうです 😐

 

 

例えば・・・

土地代が高い!

十日町と比べると格段に土地代が高いです 😯

やはり街中に行けば行くほど土地代は上がりますね。

 

 

 

あとは「火事の対策」をしっかりとしなくてはいけないのです。

 

「いやいや、火事の対策ってなによ?」と言う感じですが、

 

長岡は住宅が密集しているため、1件が火事になると

周りに燃え移るスピードが速いのです。

 

そうならないために、火事が燃え広がらない対策と言うのを

しっかりとしなくてはいけません。

 

 

十日町とは違うところでお金がかかるわけですね 😕

 

 

以上、ざっくりではありますが、

長岡の建物と十日町の建物の違いでした 🙂

 

 

長岡に買い物に行った際には

少し家の外観を見てみてはいかがでしょうか 🙂

 

 

それでは、今日はこの辺で!