二代目ブログ

【建築用語】確認申請ってなに?

2018年01月22日

みなさんこんにちは!

水落住建の水落雅士です。

 

 

今日は建築用語についてお伝えしますね!

今日は「確認申請」についてです。

 

 

確認申請とは、

建物を新築・増築等を行う際に

建築主事、都道府県知事に提出するものなのですが、

 

 

そもそもどういったものなのか・・・?

 

 

建物を新築する際に、勝手に建てて言い訳ではなく、

「こういった建物をここに建てます」

と言った申請を出さなくてはいけません。

 

その書類のことを「確認申請書」と言います。

 

 

そして、書類のチェックが終わった後に

 

「チェックOKです。建ててもいいですよー。」

 

と言う意味で

「確認済証」と言うものが降りてきます。

これが手元に届いた段階で、

工事を始めることが出来ます。

 

 

なので、契約が終わって

打合せも全部終わったから

すぐに工事を始めてください!

 

・・・と言うわけには行かないわけです 😐

 

 

ちなみに、確認済証が降りてくる前に

工事を着工してしまいますと

建築基準法により犯罪になります 😯

 

 

地域によっては確認申請が不要な場所もありますが、

その場合は別途「工事届出書」と言ったものを提出しなくてはいけませんので

そのあたりも含めて覚えておいていただければと思いますm(_ _)m

 

 

それでは、今日はこの辺で!