二代目ブログ

【ヒートショック】家に潜む命の危険とは?

2018年01月29日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

 

今日は誰でも家の中で起こりうる

「ヒートショック」についてご説明します!

 

 

ヒートショック・・・聞いたことはあるけど

どういった症状なのかわからない!

 

と言う方は結構いらっしゃるのではないのでしょうか?

 

 

実はこの症状、最悪の場合は命の危険に繋がるのです 😯

 

 

ではどういった症状かと言いますと・・・

 

 

皆さんお風呂に入るとき、

 

寒い脱衣場で服を脱いで

寒い浴室で体を洗って

熱い湯船の中に入って

寒い脱衣場で服を着て・・・

 

と言う経験があるかた、いらっしゃいますよね?

実はこのとき、体の中では大変なことが起きています。

 

 

 

寒いところでは血管が収縮し血圧が上昇します。

 

そこから一気に暖かい湯船につかると

血管が膨張し血圧が降下します。

 

また寒いところで服を着ているときに

血管が収縮し血圧が上昇します。

 

 

これを繰り返すことで心臓にものすごい負担がかかり

それが原因で心筋梗塞や脳梗塞などを起こしてしまうのです。

 

この症状のことを「ヒートショック」と言います。

 

 

さらに驚くべきことに、

年間で交通事故で亡くなっている方は

約4600人なのですが、

 

ヒートショックで年間亡くなっている方は

なんと17000人ほどいるそうです!

 

 

交通事故のおよそ4倍です。

 

 

年配の方ほどヒートショックは起こりやすいのですが、

若い人たちで亡くなっている方もいるそうです。

 

 

ヒートショックの対策としては、

お風呂に入る前に浴室・脱衣場を出来るだけ暖かくしておくことです。

 

室内の温度を出来るだけ一定に保つことで

血管、心臓への負担を減らすことが出来ます。

 

 

当然、断熱性能のいい家ほどヒートショックは起こりにくくなります!

 

少しでも不安だと思った方は

是非一度お問い合わせしてみてください 🙂

 

 

それでは今日はこの辺で!