二代目ブログ

【新築工事】建物の位置出し

2018年04月11日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

十日町でも桜が咲き始めましたね!

でも、今日の雨で散ってしまわないか

少し心配です・・・

 

さて、数日前のお話ですが、

新築工事を予定しているところで、

建物の位置を出してきました!

皆さん、建物の位置って

どうやって出すかご存知ですか?

 

 

紙の上やパソコン上は

まっすぐな線を簡単に引いて

キレイな四角形を書くことが出来ますが、

 

ではそれが実物大になったら・・・?

 

普通に四角形を作ったつもりでも

台形状になったりしてしまいます。

 

 

ではでは、どうやってキレイな四角形を出すのかと言いますと、

 

 

中学生か高校生の授業で習う

三角形の定義を使用します!

 

 

三角形の定義とは何ぞや!?

と言う方

60度、30度、90度の直角三角形なら

1:2:√3

 

45度、45度、90度の直角三角形なら

1:1:√2

 

こんな式

見覚えありませんか?

 

 

数学が得意だった方は

あー!

となるかもしれません 🙂

 

 

これを応用して、四角形の対角線を結んで

キレイな原寸大の四角形を作るわけです!

 

 

学生の頃に

「数学とかどこで使うんだよ!」

「ルートなんて絶対使わないでしょ!」

 

と思っていた方

(私がそうです が・・・:-x )

 

 

ここで使います!(笑)

 

少しでも覚えておいていただけたらなぁと思います!

 

 

それでは、今日はこの辺で!