社長ブログ

大変な雨です。

2018年07月07日

こんにちは、九州から名古屋、北は北海道まで
大変な雨が降っているようです。

早く落ち着いてくれること祈っています。

私たちの工事のほうも天気が悪いと
外の工事が出来なかったり、やりにくかったり
します。

外構工事を始めたい現場もありますので
天気になってくれるのを待っています。

さて、近年ではこういった災害が多くなっていますし、
地震も多く発生していますが、
先日送られてきた、ビジネスリポート
と言った新聞が送られてきました。

その中の記事に
「政府の地震調査研究推進本部は6月26日に
全国地震動予測地図2018年度版を公表しました。」

という見出しで、つい読み込んでしまいました。

内容は、

日本全体の地震の位置、規模、確率に
基づき、各地点がどの程度の確率で、
どの程度揺れるかを計算したものです。

今後30年以内に、震度6以上の揺れに見舞われる
確率が地図上に示されているそうです。

確率の高い場所としては
多くは太平洋側で北海道の太平洋側
千葉から四国にかけての太平洋側がとても
高い確率になっていました。
特に、千葉、横浜、水戸と言ったところは
確率が80%を超えた数字になっています。

しかし、予想が太平洋側と言っても安心はできません。
糸魚川―静岡構造船断層帯と言う
新潟県に伸びてきている断層もやはり確率が高いです。

このような災害の対策として、
「高規格幹線道路網の整備」
「海岸堤防対策」
「港湾・漁港耐震強化対策」と言った
対策のほか、「建築物対策」と言うのも
含まれています。

このような対策が進めば、災害後の復旧にかかる
費用はもちろん、人的被害も4割以上も
縮減できるということです。

絶対とは言い切れませんが、我が家も
先日、耐震を施したリフォームを行いました。

中越地震以降、
道路を大型車が通ってもゆれる家でしたが
今はしっかりした感じで、音だけが聞こえる
程度になった感じです。

これから、工事されるお客様も
国、市の耐震改修に対する補助金を
65万円いただいて、工事を行います。

少しでも安心できる家で過ごしたいものですね!

今日は、少し硬いお話でしたが、家の耐震化は
とても大切です。できることなら耐震改修
されることをお勧めいたします。

このキッチンはこの先日リフォームされたお客様の
お宅の新しいキッチンです。
お孫さんがピンクが好きだということで
淡いピンクのキッチンにしました。
とっても素敵でした(^-^)

お風呂もピンクです。\(^o^)/
暖房機もつけて冬も暖かいお風呂に入れます。

それではまた!