二代目ブログ

【省エネ】夏の家の中を涼しく保つ方法!

2018年08月11日

みなさんこんにちは!

水落住建の水落雅士です。

 

今日からお盆休みと言う方もいらっしゃいますかね?

水落住建は明日からお休みになります 🙂

 

旅行など行かれる方は道中お気をつけてくださいね!

 

 

さて、

今年の夏は雨もあまり降らず、

気温も高いですよね・・・。

 

最近、お客様のお宅へお邪魔すると、

 

「せっかく新築建てたのに結構暑いんですね!」

「窓のリフォームしたのに部屋の中が暑くて・・・」

 

と言うお話を聞きます。

 

 

そうなんです。

せっかく新しくしたのに、

「使い方を間違える」と、新築やリフォームをしても暑いんです!

 

 

では、間違った使い方と正しい使い方とは何なのか?

簡単にご説明しますね!

 

 

まず、根本的なところからです。

 

家の中に熱が入ってくる一番の原因は

「窓」です。

 

その窓の性能を良くする事で、

紫外線の侵入を防ぎ、日射熱があまり入ってこなくなるわけです。

 

 

実は間違った使い方と言うのは、

日中「窓を開けていること」なんです。

 

 

もちろん、窓を開けておくと

風が入ってきて気持ちいいのですが、

同時に、日射熱も入ってきます。

 

 

 

つまり、日中窓を開けておくと、

その間、家の中に日射熱が入ってきます。

 

帰ってきてから窓を閉めると、

今度は空気の逃げ道がなくなり、

逆に家の中に熱を閉じ込めてしまうのです 😯

 

 

 

では、どうしたら家の中を涼しく保てるのかと言いますと・・・

 

窓を開けるのは基本的に「朝」のみです。

朝の涼しい風を家の中に取り込んだ後は、

窓を全て閉めてください 😎

 

日中は窓を閉めて

クーラーを26度設定くらいで微風運転しておけば

かなり涼しくすごせると思いますよ!

 

 

以前からお伝えしていることでもありますが、

今のクーラーの消費電力はかなり低いですので、

1日つけていてもたいした電力は消費しません。

 

 

新しく家を建てた方や、リフォームをされた方は

是非もったいながらずに、ふんだんに活用してくださいね!

 

 

それでは、今日はこの辺で!

皆さん、よいお盆休みを 🙂