二代目ブログ

【リフォーム】雨樋の修理・・・雪害補助が降りる場合もあります!

2018年08月28日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

今日は1日雨模様でしたね・・・

そこらじゅうで通行止めもされていたようですし・・・

皆さんは被害ありませんでしたか?

 

 

さて、今日はそんな雨に関係する話です 🙂

屋根の先端に

雨樋というものが付いてますよね?

 

最近の落下式屋根には付いていないことも多いですが、

 

あれは、屋根からの水が樋の中に入って、

家の隅のほうまで流していくものなのですが・・・

(簡単に言ってしまえば流しそうめんみたいな感じです(笑))

 

 

雨樋は雪害を受けやすい場所でもあるんです。

 

 

屋根に雪がたまってくると

雪の重みで先端に雪がたまっていきますよね?

 

その重みで樋がゆがんでしまったり

外れてしまったりするのです。

 

 

雪降ろしのときに引っかかってしまうと言うケースもあります。

 

 

雨樋が壊れてしまうと、

屋根からの水がうまく流れず、

壊れた箇所からビタビタと雨がたれてきます。

 

 

 

それではせっかくの樋の意味がありませんね・・・ 😥

 

 

なので、壊れた場合は修繕することをオススメするのですが、

 

この修繕費用、もしかすると保険から出るかもしれないと言うことを

ご存知でしたか?

 

 

保険の契約時に

「雪害に対する保険」に加入をしていると、

 

保険屋さんが雪害と認めた場合には保険が適用となります。

 

 

樋の修繕には足場も必要ですから、

実は結構高上がりになってしまうんですね・・・

 

それが保険から出れば負担を軽くすることが出来ますので、

もし保険に加入している場合には是非ご活用ください!

 

 

 

いまいちわからんなぁ

手続がめんどくさいなぁ

 

と思った方はお気軽にご相談ください!

 

 

それでは、今日はこの辺で!