二代目ブログ

階段の手摺は必ずつけてください!

2018年11月20日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

お客様の家に現地調査を行ったりしていると、

階段の手すりがついていないお宅が結構あります 🙄

 

昔は階段に手摺をつけることが義務化ではなかったので

ついていないお宅が多いのですが、

 

今は法律でつけることが決められています!

 

つけなくてもいい緩和等もあったりしますが、

通常、一般住宅の階段ではほぼ100%必要になります。

 

 

手摺を実際に工事するのは最後のほうなので、

お客様によく

「手摺はつかないんですか?」

と聞かれますが、

 

大丈夫です!必ずつきます!

つけないと私が監督署に呼び出されてしまいますので(苦笑)

 

 

昔の家で手摺がついていない方がいましたら、

つけることをオススメしますよ!

 

 

ちなみに、手摺の取り付ける場所ですが・・・

一般的には

「降りるときの利き手側」

につけることが多いです。

 

そもそも手摺の役割は転落防止のためもありますから、

階段から転げ落ちないよう

降りるときの利き手側に取り付けるんです 🙂

 

状況によってつける位置が変わることもありますけどね 🙄

 

 

 

それでは、今日はこの辺で!