二代目ブログ

断熱材の種類について

2018年11月23日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

 

いやぁ・・・

きましたね・・・

初雪 😥

 

 

寒いのは苦手です・・・

コタツで丸くなりたいですね 😆

 

 

さて、今日はそんな寒さ対策の為に工事している

断熱材について少しお話しますね!

 

 

最近よく断熱性能や断熱材について聞かれることが多いのですが、

特に多いものが

「断熱材の種類って何がいいの?」

と言うものです。

 

 

断熱材は大きく分けて4つの種類に分かれます。

①グラスウール

②スタイロフォーム

③吹付け断熱

④その他

 

こんな感じです 🙂

 

 

 

①~③の特徴を挙げますと、

 

①のグラスウールは皆さんご存知の綿のやつです!(笑)

断熱性能的には他の2つよりも少し劣りますが、

コスト的には一番安いものになります。

その他に弱点としては湿気に弱いことです  😐

 

綿がぬれてしまうと、規程の断熱性能が確保できなくなってしまいますので、

注意が必要です!

 

 

②のスタイロフォームですが、

簡単に言ってしまえば発泡スチロールの固いやつです 🙂

断熱性能的には3つの中で一番優れていますが、

コスト的にも一番高いものになります。

種類もたくさんあり、火に強いものも出ていますので、

厨房などにも使用されることがあります!

 

 

③の吹付け断熱は、水落住建の新築で使用している断熱材になります。

断熱性能、コストについては3つのうちの真ん中と言ったところでしょうか。

吹付け断熱は気密が他のものよりも取りやすいため、

冷暖房の効果がすぐに出てくるのが特徴的ですが、

湿気がこもりやすいと言う弱点もあるので、

しっかりとした換気計画が必要になります!

 

 

 

④のその他については、

色々な断熱材が出てきているので、

一概には言えませんが、遮熱性能に優れたものがあったり、

水に強いものがあったりと、様々です!

 

 

 

今日は断熱材の種類についてお話しましたが、

次回は「断熱材の厚み」について

お話しようと思います 🙂

 

 

それでは、今日はこの辺で!