二代目ブログ

住宅の低炭素かもいよいよ加速か?

2018年12月07日

みなさんこんにちは!

水落住建の水落雅士です。

 

 

先日のニュースで少し興味深いものがあったので、ご紹介します。

 

 

内容としましては、

 

17・18年共に

CO2の排出量が増加する見通し

(日本だけでなく世界的に)

 

と言うような内容です。

 

排出量を減らす技術の導入よりも

石油やガスの消費量が上回っているためだとか・・・。

 

 

 

日本の話だけではないので

あまり関係ないんじゃない?

と思うかもしれませんが・・・

 

 

2015年時点で

日本のCO2排出量は世界第5位なんです 😯

 

日本だけで見ると

CO2排出量は年々減少してきてはいるのですが、

 

 

パリ協定・京都議会の話もあるため

何らかの動きがあるかもしれませんね。

 

住宅業界で言えば省エネ住宅の普及

 

と言ったような感じです。

 

省エネ住宅を建てて

CO2排出量を減らして

環境負荷の低減に努めましょう

 

と言う話が本格的に動き出すかもしれませんね。

 

 

ただ・・・なかなか小難しい話で

パッとしないですよね 🙄

 

 

すごーく簡単に要約しますと

 

光熱費があまりかからなくて、

長持ちする家を建てると

 

ついでにCO2削減にも貢献してますよー 🙂

 

 

こんな感じです 🙂 (笑)

 

 

 

久しぶりに難しい内容のブログを書きましたが、

これから住宅を建てる人にとっては

無関係な話ではないので、

今回ブログでご紹介しました。

 

またこういったニュースが出てきたら

皆さんにお伝えできればなーと思います。

 

 

ご興味あれば是非読んでみてください!

 

 

それでは、今日はこの辺で!