二代目ブログ

断熱性能を高めるためには「気密性能」も大切!

2019年01月28日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

先日のブログでヒートショックの危険性についてお伝えしましたが、

そのブログの最後に「断熱性能を高めましょう!」的なことを書きました。

まだ見てない方はこちらから↓

ヒートショック防止のためにはしっかりとした断熱を!

 

しかし、

断熱性能を高めるだけでは本当の意味での「暖かい家」にはなりません。

断熱性能と一緒に「気密性能」と言うものを上げなくては行けないのです。

 

気密と言うのは、外から家の中にどれだけ風が入ってきているか、

家の中から外にどれだけ空気が出ているかと言う、いわゆる

「隙間風」がどれだけあるかを表すものです。

つまり、気密性能が高い家というのは隙間風が少ない家で、

気密性能が低い家というのは隙間風が多い家ということです。

 

どんなに良い断熱材を入れて、高性能な暖房器具を入れても、

隙間風が多ければ寒いですよね^^;

なので、暖かい家にするためには断熱性能だけでなく、

気密性能も高くしなければいけないということです。

 

気密性能を高めるためにはいくつか方法があります。

例えば、内側にもう1つ窓(2重窓)をつけたり、

貫通部(換気扇の穴等)には気密性能がいいパッキンで隙間をなくしたり、

断熱材を隙間なく入れたりすることです。

簡単に言うと、とにかく隙間をなくしましょう!と言うことです(笑)

ただ、気密性能を上げることで弊害も出てきます。

それは「換気不足になりやすい」と言うことです。これについては、

お役立ちブログのほうでも書いていますので、

是非そちらも読んでいただければと思います^^

 

 

それでは、今日はこの辺で!