スタッフブログ

将来の為の設計

2019年01月29日

こんにちは 井上です

あっという間に1月が終わりに近づいていました(*_*)

まだまだ寒い日が続きますので体調崩さないようにしてください!

 

 

さて、今回は少し我が家のことについてお話しします。

実は先日、私の曽祖父の命日でした。

亡くなったのは20年ほど前なのであまり覚えていませんが

昼間は老人ホームへお世話になり、介護が必要な状態だったと思います。

家の中を自分で歩く時は松葉づえを使って歩いていました。

昔の家は廊下と部屋に小さな段差があり、移動するのは大変だったと思います。

小さな段差でも「よいしょよいしょ」と言いながら歩いている姿を見て

大変そうだなぁと思っていました。

 

曽祖父が亡くなり、家を建て替える時

今まで2階にあった祖父母の部屋を1階に造ろうという話になりました。

祖母は膝が悪く、階段の上り下りが辛いということと

将来何かあった時に2階に部屋があると不便だという理由からです。

廊下と部屋の段差も無くし、過ごしやすい我が家になりました。

 

家を建てた時はそれほど気にしていませんでしたが

手摺をつけたり、廊下と部屋の段差を無くしたり

将来のことを考えた間取りや工夫をしておくことは

とても大切な事だと思いました。

 

「ここに手摺を取り付けたい」「段差を無くしてほしい」など

日々の生活で不便に感じていることがありましたら

遠慮なくご相談くださいね。

せっかくの我が家です、快適に暮らしましょう!(^^)