お役立ちブログ

家の外部のメンテナンスについて~外壁~

2019年03月16日

前回お伝えした屋根と同じく、

外壁も外の影響を受け

痛みやすい箇所となっています。

今日は、そんな外壁の

メンテナンスについてお伝えします。

屋根と同様、

外壁が傷んでくると

雨漏れの原因となります。

それに、屋根と違い

よく見える部分になりますので、

見た目的にも悪くなってきます。

 

では、

どのようにメンテナンスを

していけばいいのでしょうか。

 

まず、

外壁にはいくつか種類があります。

主なものとしては・・・

・金属系サイディング

・窯業系サイディング

・木材、タイル等の天然素材

このようになっています。

 

十日町は、

自然環境が厳しいため、

出来る限り耐久性の高い

「金属系サイディング」

を使用することが多いです。

金属系サイディングのメンテナンスは、

およそ15年~20年に

塗装のしなおしが

必要になってきます。

これは、雨や紫外線、

雪などによる表面の劣化を

修復するために行います。

塗装以外には

窓等の隙間部分に使用している

「コーキング」

というゴム材のようなものを

打ち直す必要もあります。

これは紫外線などで劣化し、

ひび割れや切れが発生してしまい、

そこから雨漏れの

原因となってしまうためです。

こちらも、

塗装と同じタイミングで

済ませておくことをオススメします。

 

次に、

十日町での使用頻度は少ないですが

窯業形サイディングの

メンテナンスについてです。

窯業系サイディングというのは

金属と違い石膏で出来ているものです。

質感や見た目は

金属よりもいいのですが

、寒さや雪に弱いため、

ご自宅で使用している場合は

こまめなメンテナンスが

必要になります。

窯業系サイディングは

少しのキズから雨や雪が侵入し、

そこから凍害による

表面の損傷が発生します。

施工時の状況にもよりますが、

およそ10年ごとに

塗装をすることをオススメします。

早い場合は3年~5年で

損傷が激しいものもありますので、

こまめにチェックしておくことが

大事になってきます。

その他、

金属系サイディングと同じく

コーキングの修繕も必要です。

 

最後に天然素材物です。

木材を外部に使用する場合、

5年を目安に

塗り替えが必要になってきます。

木材の場合は変色や

カビ等が発生しやすいため、

こまめにメンテナンスを

する必要があります。

タイルは素材が

石やコンクリートで出来ているため、

非常に長持ちしますが、

目地の劣化や

細かいヒビや割れが

入りやすい素材でもありますので、

10年を目安に塗り替え、

補修が必要になります。

 

 

初めにもお伝えしたとおり、

外壁は

見た目を大きく左右する部分

でもありますので、

美しく綺麗な状態を保てるよう、

こまめにメンテナンスを

してあげてください。