二代目ブログ

換気扇の間違った使い方にご注意ください!

2019年04月04日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です!

 

他のブログでも書いてありますが・・・

急に冬ですね・・・

やっぱり降るときに降らないとこうなるんですねぇ・・・

 

さて、今日は換気扇について少しお話をしていきます!

最近お客様から

「お風呂の換気扇から水滴が垂れてきて冷たい!」

と言うご相談を頂きました。

色々お話を聞いてみた結果、換気扇の使い方に少し勘違いがあったようでした。

これ、調べてみたら意外と知らない方が多かったので、今回詳しくご説明します!

 

まず、どのように使っていたかと言いますと、

「お風呂の換気扇は24時間つけっぱなし」と言う使い方でした。

実はこれがあまりよくないんです。

 

なぜよくないかと言いますと、

お風呂の換気扇を24時間つけっぱなしと言うことは、

お風呂に入っているときも換気扇が回っているということです。

 

入浴中はお風呂やシャワーの湯気で大量の水蒸気が発生します。

それを吸い込んでいると、換気扇の内部(パイプの中)で結露が発生してしまいます。

その結露した水滴が換気扇から垂れてきてしまうのです 😥

 

では、どのように換気扇を活用すればいいのかをお伝えしていきます!

まず、入浴中(お湯をためる段階が望ましい)は換気扇を止めてください。

そして、最後に入浴した方が出るときに換気扇をつけるようにしてください 🙂

そして、次の日の入浴のタイミングで換気扇を止める。

 

このような流れで換気扇を使用していただくと、換気扇から水滴が垂れてくることが格段に減ります。

 

また、入浴中に換気扇を回していると、湯気であったまった空気を全て外に出していることになりますから、

お風呂内が非常に寒くなってしまいますので、それも含めてお湯をためるタイミングで止めていただければいいかと思います。

 

これだけでもかなり入浴中の快適さが変わると思いますので、

是非試してみてください!

 

それでは、今日はこの辺で!