お役立ちブログ

照明器具の種類と機能

2019年04月20日

様々な種類がある

照明器具ですが、

実際

どんな形のものが

どういった名前で、

どういったところに使うのか・・・

今日は

照明器具について

ご説明していきます。

 

①シーリングライト

シーリングライトとは

天井に取り付けるタイプの

照明器具で、

一般的に

よく見かけるものです。

“円盤型”

なんていう

言われ方もしています。

この照明器具は

ひとつで

十分な明るさを出すことが出来、

お値段も

比較的

安く買うことが出来ます。

特に

照明器具に

こだわりがない場合は、

リビングや

寝室などに

使うことが多くあります。

 

②ダウンライト

ダウンライトとは

天井に

埋め込まれている

タイプの照明器具です。

基本的には

真下のものを

照らすことに優れていて、

ひとつだけでは

あまり明るさを

出すことは出来ません。

以前は

見た目や

明るさの観点から、

廊下やホールなどに

使われることが多かったのですが、

近年では

設置する個数や

場所を工夫して

十分な明るさを確保し、

リビングや

寝室などで

使われることも多くなりました。

 

③ペンダントライト

ペンダントライトとは、

天井から

吊り下げられているタイプの

照明のことです。

この照明器具は

ぼんやりと

照らすタイプが多く、

ダイニングテーブルの上や

カウンター席の上などから吊るし、

卓上を

照らすことに

多く使われています。

見た目も

オシャレなものが多く、

照明の機能だけでなく、

インテリアの1つとしても

使えるような照明器具です。

 

④ブラケットライト

ブラケットライトとは

壁に取り付ける

タイプの照明器具です。

この照明器具は

上下を照らす役目を持っていて、

吹抜けや階段など、

縦に広い空間の壁に

取り付けられることが

多くあります。

しかし、

近年では

「上だけを照らすタイプ」

「下だけを照らすタイプ」

なども販売されていて、

簡易的な

間接照明を演出できるため、

リビングやダイニング、

寝室などにも

使われているほか、

デザイン的なものも

販売されており、

玄関ホールなどに設置し、

ひとつの

インテリアとしても

使われています。

 

⑤スポットライト

スポットライトは

天井につけるタイプと

壁につけるタイプ

両方があります。

(写真は天井付けタイプ)

スポットライトは

ダウンライトと同じく、

1点を照らすことに

優れています。

違うのは、

壁に埋め込まれていないため、

照らす向きを

自由に変えられることです。

なので、

観葉植物やインテリア

なんかを際立たせたいときに

スポットライトを

利用して

ライトアップを

させたりすることも多くあります。

 

以上の5つが

よく見かける

照明器具になります。

形状や用途を

しっかりと確認していただき、

自分の理想の

照明演出をしてみてください。