二代目ブログ

敷地調査のときに見ているもの

2019年04月25日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

人づてに聞いた話ですが、

インフルエンザB型が

流行っているらしいですね・・・

いまさら・・・

って感じがしますが、

お気をつけください!

 

さて、

今日は私たちが

敷地調査のときに

見ているものを

お伝えしようと思います。

土地で悩んでいる方は

よろしければ参考にしてみてください^^

 

① 方角
これは当然確認するべきものですね!

東西南北をしっかりと確認して、

太陽の向きや風の向きを確認します。

 

② 日当たり
周りに建物があれば、

どのように日陰ができるのか、

背の高い木があれば

どのように日当たりに

影響が出るのか、

これもしっかりと確認します。

 

③全面道路の幅
私たちの場合は、

大型車が

入るかどうかという

確認が主ですが、

お客様にとっては

駐車の仕方や交通量の多さ

なども見ておくといいでしょう^^

 

④敷地の広さ、長さ
これも当然見ますよね!

どれだけの広さがあって、

道路にはどれくらい面しているのか、

奥行きはどれくらいあるのか、

形は四角なのか、

多角形なのか、など・・・

これによって家の形が

大きく変わりますね!

 

④土地の高さ
意外と気にしないのかもしれませんが、

これも大切です。

道路から上がっているのか、

下がっているのか、

これによって外溝計画が

大きく変わります。

水の流れ等も

確認しないといけませんからね!

 

⑤給水、排水の位置
これは位置も当然見るのですが、

そもそも入っているかどうかを

確認します。

入っていない場合は

引き込みをしないといけませんので、

その分の予算が必要になってきます。

 

⑥近隣状況

周りに家がどれだけあるか、

若しくは木がどれくらいあるのか、

すぐ後ろは

平地なのか崖なのか川なのか・・・など

近隣がどのような状況なのかを

しっかりと確認していきます。

 

ざっくりではありますが、

このようなところを

敷地調査では確認しています。

実際に土地を選ぶ際には

小学校区域や、

近くのスーパーなど、

いろいろなことを調べるかと思います、

少しでも参考になればと思います^^

 

それでは、今日はこの辺で!