二代目ブログ

新壁和室と大壁和室ってなに?

2019年04月29日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

今日は「和室」

について

お話していきますね^^

皆さんが「和室」

と聞いて

思い浮かべるイメージは

畳がある部屋、

仏間がある部屋など

こんなイメージが

強いかと思います。

 

確かに

その通りと言えば

その通りなのですが、

実は、

和室は大きく分けて

2種類に分けられます。

それが、

「新壁和室」

「大壁和室」です。

 

新壁和室は

言ってしまえば

昔ながらの和室です。

このように柱が見えていて、

窓の上には長押(なげし)

と言うものをつけたりします。

ご年配の方は

こちらの和室のイメージのほうが

強いのではないのでしょうか?

若しくは、

「あぁ~実家の和室が

こんな感じだったなぁ」

と言う方もいるかもしれませんね^^

 

対して大壁和室と言うのは、

このように

柱が見えないタイプの和室です。

すごく簡単に言ってしまえば、

洋室に畳を敷いた部屋

と言うイメージですね!

特に和室の作りには

こだわりがないとか

ただ単純に

たたみの上で寝転びたい!とか

そういった理由であれば

大壁和室でも十分かなー

と個人的には思います^^

逆に、

しっかりとした

客間として使いたい、

和室はしっかりとこだわって作りたい!

と言ったような理由であれば

新壁和室を採用したほうが

良いかと思います^^

 

昔は

新壁和室ばかりだったのですが、

最近は

大壁和室が

非常に増えてきています。

特に悪いことではないのですが、

大工さんの見せ場が

ひとつ減ってきているなぁ

と感じます^^;

全国的にも

新壁和室を作れない大工さんが

増えてきているとか・・・

(造りが難しいため)

 

皆さんも、

和室を考える際には

どっちのタイプがいいか、

考えてみてください^^

 

それでは、今日はこの辺で!