お役立ちブログ

作り付けカウンターの注意点

2019年05月31日

最近、

新築工事でもよく言われる

「作り付けのカウンター」

について

今日はお話をしていきます。

 

作り付けのカウンターとは、

家具屋さんで買ってきた

テーブルとは違い、

木の板等を壁に固定して

取り付けるもののことを言います。

作り付けのカウンターは

確かにかっこよく見えますし、

つける場所によっては

非常に便利に活用することが出来ます。

 

しかし、

ただ憧れでつけるだけでは

後々になって

後悔することもありますので、

その注意点を

ご紹介していきます。

 

 

注意点①

高さを間違える

机や食卓カウンターとして使う場合は

通常65~75cmの間で

取り付けをします。

 

しかし、

打合せの段階で

65cm~75cmと言うのは

非常に低く感じます。

それを感じて、

80cm、90cmと

カウンターの高さを

高く取り付けると、

実際に椅子をおいて座ってみると、

非常に高く感じる

カウンターとなってしまいます。

カウンターを取り付ける際には

使用する用途をしっかりと

確認して高さを決めてください。

 

注意点②

将来のことを考えずに

取り付けてしまう

最初にも言ったとおり、

最近は作り付けのカウンターが

非常に流行っています。

なので、

憧れで取り付けたいという方も

中にはいらっしゃいますが、

実際取り付けてみたら

ただの物置となってしまったり、

お子様がいるときは

勉強カウンターとして使っていても、

お子様が大きくなってからは

ただ邪魔なカウンターとなっている

お宅も少なくありません。

実際にどのようにカウンターを使うのか、

しっかりと計画を立ててから

取り付けるようにしてください。

 

注意点③

取り外しが難しい

通常のテーブルと違い、

壁に固定して取り付けますので、

簡単に取り外すことが出来ません。

不要になったから外してほしい、

と言う方も実際にいらっしゃいますが、

取り外すのにも

お金が発生してしまいますので、

本当に必要だと思う場所意外は

安易に取り付けないように

お気をつけください。

 

 

以上の注意点を気にして取り付ければ

非常に使い勝手もよく

見た目もいい

カウンターとなりますので、

作り付けのカウンターを

取り付ける際には、

仕様用途、

将来性を考えてから

取り付けるようにしてください。