二代目ブログ

経年劣化にご注意ください!!

2019年07月01日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

つい先日、

エコキュートのつなぎ口から

水漏れしていると連絡を頂いて

お伺いをしてきました。

おそらくつなぎ口の経年劣化による

水漏れかと思われます。

 

実は最近

設備器具の修理依頼が多くあります。

それも、

取り付けてから10年前後のものが

非常に多いです!

 

キッチンやエコキュート、

トイレが多くあります。

 

ここからわかることは、

「設備器具の平均寿命は10年程度」

だと言うことです。

 

前々からよく言われていたことですが、

10年経って修理依頼が来ると

つくづく実感しますね・・・。

 

経年劣化で怖いのは

「水漏れ」ですね。

配管のつなぎ口の

パッキンが劣化してしまい

ポタポタと垂れてくることが

多々あります。

 

それを放置したままにしてしまうと

床のほうへ水が垂れてしまったり

構造材のほうへ

悪影響を与える恐れがありますので、

その場合は出来る限り

早めに直すようにしてください。

 

そのほかにも、

トイレのウォシュレットが

出なくなったり、

食洗機の電源が

付かなくなってしまったり、

エコキュートが

お湯を沸かしてくれない。

 

などなど、

経年劣化によって様々な現象が起きます。

 

住宅は車と違って

定期的な検査が法的にありません。

 

車であれば、2年に一度の車検で

整備士の方に見ていただいて

劣化している部品があれば

交換をしていただいてから

継続して乗れるようになりますが、

 

住宅の場合は

そういったものが一切ありません。

 

つまり、

どんなに住宅が劣化していても

住み続けられると言うことです。

お金はかからないかもしれませんが、

大事な家と

何より自分自身を守るために

普段と違うことがあった場合は

すぐにご連絡ください。

 

安心して住み続けられるように

精一杯ご協力させていただきます!

 

それでは、今日はこの辺で!