お役立ちブログ

外部動線を考える

2019年10月08日

前回までの動線のお話は

主に内部でのお話でした。

 

今回の動線は

外部からの動線をお伝えしていきます。

 

外部動線とは、

主に玄関までのことを言います。

 

例えば、

道路が北側にあるのに

玄関が南側あるのでは

グルっと回ってから

玄関に入らなくてはいけません。

それでは家に入るまでが面倒ですから、

やはりある程度、

道路側に玄関は計画するべきです。

 

道路からだけでなく

駐車場からも考えなくてはいけません。

東側に駐車場、

西側に玄関・・・

このような計画をしてしまうと

駐車場から玄関までが遠くなります。

道路と同じく、

駐車場と玄関も近くに計画することが

基本となります。

 

その他の外部動線で考えてみます。

例えば、キッチンへ直接

出入りできるような

勝手口を計画する場合、

この場合も玄関と同じく

道路や駐車場になるべく近づけて

計画したほうが便利性が増します。

 

もうひとつ外部動線で言いますと

畑や庭など、

外での作業を行う場所までの

動線がある場合は、

こちらも検討しなくてはいけません。

 

例えば、外の作業道具をしまう場所を

近くに計画したり、

庭であればリビングから直接

いけるように計画するなど

作業性や利便性を考慮した

動線が必要になります。

 

動線計画は

非常に細かく、

さらにご家庭によって

全く異なるものですから、

間取りを考える際に

家族内で十分に検討することが

重要になります。

 

こういった動線計画のことも

お気軽に相談してください。