お役立ちブログ

建築で使われている長さの単位

2019年12月21日

今回は、知っておくと

建設業者と打ち合わせをする際に

少しだけ役に立つことをお伝えします。

 

それは、

「長さの単位」についてです。

 

普段よく使われる長さの単位については

cm(センチメートル)

m(メートル)

この二つをほとんどの方が使われると思いますが、

 

建築関係では

mm(ミリメートル)

を基準として使います。

つまり、

1mあれば1,000mm

というように表現します。

 

なぜなのかは諸説ありますが、

一番は間違いが少ないからでしょうか。

0.1cmというよりは1mmで言ったほうが

確かに伝わりやすいです。

 

このクセで、

建設業者は一般のお客様に対しても

ミリメートル表現でお話をしてしまいます。

 

なので、慣れないうちは

聞き取りにくいかと思いますので、

その場合は聞き直したり、

センチメートルで教えてくださいなど

しっかりと伝えたほうがいいです。

そうすることで、

お互いに間違いや思い違いが

なくなります。

 

細かいことではありますが、

打合せをするときに

知っておくと

少しだけ役に立つことでした。