二代目ブログ

家づくりで対応できる感染予防

2020年03月31日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

昨日、国民的大スターである

志村けんさんが亡くなられました。

 

小さいころから

テレビ番組で見ていただけに

非常にショックです…。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

ニュースでは

日に日に感染者が

増えているということを聞きます。

 

十日町では

まだ感染者が出ていませんので、

なかなか実感がわかない方も

いらっしゃるかと思いますが、

東京から避難してきている方も

いらっしゃるということで、

出かける際には

できるだけマスクの着用と

帰宅してからの手洗いうがいを

しっかりとするよう心がけましょう。

 

私なりに、

家づくりでも感染予防ができるのでは?と、

色々と考えてみました。

 

やはり重要なのは

「気密性能」と「換気性能」

ではないかと思います。

 

気密性能は家の密閉度のことで

外から空気を入れない

中から空気を出さない

といった性能になります。

 

気密性能が高ければ高いほど

冷気の侵入や

暖房の流出を防ぐことができると同時に

家の中に

外部からの花粉やウイルスの侵入を

防ぐこともできます。

 

しかし、気密だけでは

家の中に湿気がこもってしまい

それこそ家の中でウイルスの繁殖や

カビの発生の原因となってしまいます。

 

そうならないために、

しっかりと計算した

換気システムを取り入れることで

空気の流れを作ることができます。

 

気密と換気の両方を

しっかりと取り入れることで、

感染予防につながるのではないかと思います。

 

ご興味のある方は

お手伝いさせていただければと思いますので、

お気軽にご相談ください。

 

それでは、今日はこの辺で。