二代目ブログ

【十日町】にピッタリな外壁材は何?

2020年05月25日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

先日の土曜日に

2回目のウェブセミナーを

開催させていただきました!

 

ご参加ありがとうございました^^

 

6月以降も

続けていければと思いますので、

是非お気軽に

ご参加いただければと思います^^

 

さて、今日は

リフォーム物件のご紹介です!

 

十日町市で

外壁の張り替えリフォームをしています^^

今は昔の外壁をすべてはいだ状態です。

 

昔の外壁は

「窯業系(ようぎょうけい)サイディング」

といわれる種類の外壁材で、

簡単に言うと

石膏を固めた外壁になります。

 

この材料の外壁は、柄や色が豊富で

すごくおしゃれに仕上がるのですが、

実は雪国では

少し不向きな外壁材なんです。

 

というのも、窯業系サイディングは

凍害が発生するのです。

 

長年使っているうちに

傷ついた場所から水が差し込み、

そこから凍結して膨張して

外壁材の表面が

ボロボロになってしまうのです。

 

昔の外壁材は

この凍害を引き起こしやすいため、

昔の家を見に行くと、

症状がみられる家がかなりあります。

 

最近の窯業系は

凍害に強くなってきているそうですが、

それでも7~10年程度で

塗り直しをすることが

必要になってくるかと思います。

 

では、十日町では

どのような外壁材がいいのか?

 

いろいろな外壁材がありますが、

その中でも表面が金属でできている

「金属系サイディング」といわれているものが

個人的にはオススメです!

 

表面が金属なので、

ボロボロしてくることはありませんし、

価格も窯業系サイディングと比べて

安価なものが多いです。

 

ただし、窯業系サイディングと比べると

柄や色が少ないのが弱点です。

 

なので、

アクセントになるような場所には

窯業系サイディングでアピールをして

その他は

金属系サイディングを貼るといった

使い分けをするのが

一番いいかもしれませんね^^

 

もっと詳しく聞きたい方は

お気軽にお問い合わせください^^

 

それでは、今日はこの辺で!