二代目ブログ

耐雪式カーポートの利点と弱点

2020年08月24日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

最近、十日町でよく見かけるようになった

アルミ式カーポート

 

水落住建でもたくさん設置させていただいています^^

 

ちなみに、アルミ式のカーポートは

こんな感じのものです!

これ、なぜ十日町で急激に流行っているのかといいますと

「耐雪式」アルミカーポートなんです!

 

メーカーの基準では

耐雪200cmといっています。

 

耐雪式なのに、通常の鉄骨車庫を建てるよりも

安価にできることから、十日町でも数多く

設置されるようになりました^^

しかも工事も1~2日間程度で終わりますからね!

 

これだけ聞くと、

耐雪で安くて早くて、とてもいい商品のように聞こえますが…

当然弱点もあります!

 

弱点① 耐雪200cmは「新雪」で200cm

これが一番注意が必要な部分でもあるのですが、

メーカーの商品概要欄に

「新雪で200cmまで」と明確に書かれています。

では、積もった場合は?となると

これも商品概要欄に書いてあって

「積もった雪は60cmまで」と書かれています。

つまり、鉄骨と違って

積もった雪で2mや3mもためておけないと言うことです。

 

弱点② ゆれる

積もった雪は当然下に落とさなければいけません。

その際、非常にゆれます。

慣れない人にとっては怖いかもしれないです。

 

弱点③ 規格品で決まっている

メーカーで出しているものなので、

基本的には規格寸法が決められています。

なので、自分の好きな大きさにしようとすると

特注となって、価格が一気に跳ね上がります。

また、特注にするとメーカーの保証が外れる場合がありますので

そこも注意が必要です。

 

ざっくりとこんな感じです。

これらを考慮して、

アルミのカーポートでいいのか、

はたまた鉄骨の車庫を作らなければいけないのかを

決めるようにしてくださいね!

 

ちなみに、個人的には

アルミカーポートはすごくいい商品だと思います^^

 

 

それでは、今日はこの辺で!