二代目ブログ

建築用語【建て方】ってなに?

2020年11月02日

みなさんこんばんは!

水落住建の水落雅士です。

 

 

建築用語で【建て方(たてかた)】という言葉があります。

もしかしたら聞いたことがある人も

多いかもしれませんね^^

 

 

一般的に言われる建て方というのは

大工さんの

土台伏せから棟上げ(むねあげ)までの工程のことを

建て方といいます。

 

 

ちなみに棟上げというのは

建物の一番上の材料である「棟」を上げることを言います。

 

土台伏せから棟上げまでの工程の中には

柱を立てる、梁を架ける、床を貼るなどの工程がありますが

これらすべてを3日~4日で終わらせます。

 

お施主様からしてみれば

昨日まで基礎しかなかったのに、

今日行ってみたら2階までできていた!

なんとことになりますから、驚きですよね(笑)

 

というのも、今の建て方というのは

工場で加工された材料が現場に搬入され、

それをクレーンで建てていくという作業になるので、

現地で柱を作ったりしているわけではありません。

だから3日~4日ですべて終わらせることができるんですね!

 

 

昔は大工さんが手で加工をして

クレーンではなく手で材料を上げたりしていたので

1週間以上かかっていたそうです。

 

こういった所でも技術の進歩を感じることができますね^^

 

 

ということで、今日は

【建て方(たてかた)】のご紹介でした^^