家づくりへの想い

家造りをして「しあわせだ」と思えるにはどうしたらいいのか?

長い人は、何年も考える家づくり それほど大事です。
少しだけ私の事をお話しても宜しいでしょうか?
私の家族は現在、妻と3人の子供の5人家族です。

image (1) 私は昭和32年3月20日生まれです。
十日町市下条漉野の東下組小学校卒業(平成20年廃校になりました)下条中学校東下組分校卒業
(20年数年程前に生徒が少なくなり本校に合併)

もう、小学校も中学校も母校というものは無くなりました。

十日町実業高校を昭和50年に卒業後、㈱春日工務店に入社し同時に十日町職業訓練校大工科(夜間)に入学、同校を3年後卒業しました。

大工ということで入社したのですが、一年半後は型枠大工に・・・
大工の仕事をどうしてもやりたくて3年で退職しました。
その後、叔父が経営する工務店に11年勤務した後、独立し現在に至ります。

家族

image (89)
妻は会社の経理をしています。20年くらい前までは保母をしていました。私と出会った頃は土市の天理教さんが運営しておりました「越後保育園」さんで働いていました。
その後、下条の「むつみ幼稚園」さんにお世話になっていたのですが、子供の事、親の高齢化などで家の中が大変になってきましたので、私のサポートを兼ねて家に入ってもらいました。※長男の成人式で撮った写真です。

長男は、東京で 「指圧の心は母心」 で有名な浪越徳次郎先生が開校した指圧の専門学校を卒業し、東京で指圧の治療院に就職致しました。
小学校5年生の時、帯状疱疹(しっつらご)が目に入りぶどう膜炎という病気になり、一時は失明も覚悟しましたが、おかげ様で左目の視力低下で治まってくれました。
そんな事もあり、自分で選んでこの道に進むことにしたようです。

次男は、建築専門学校に進み2級建築士、2級施工管理士を取得し、卒業後3年間の修行で長野県の工務店さんにお世話になりました。
平成27年1月より私と一緒に働き始めましたが、中学生の頃、「お父さんの後を継ぐ」と言ってくれた時は、親としては嬉しさ半分、心配半分でしたが、今は仕事も楽しいと言っていますし一生懸命なので今後が楽しみです。

3人目は長女で、十日町高校を卒業し、新潟の専門学校を卒業後、昨年春から新潟市内で働いています。
末っ子の女の子で少しわがままに育ってしまいました。

3人の子供もようやく独立して「ほっ!」としています。

image (90)
小学生の頃です。
我が家は
現在は十日町市下条4丁目(為永)
に住んでいますが、24歳までは下条の山間地で漉野(すくの)という所に住んでいました。
24歳の時にこの為永に新築をし、越してきました。
新築は夢の夢でした。
以前の家は茅葺の大きな家で、冬は寒く「もっと暖かい家に住みたい」と、いつも思っていました。
それが大工になったきっかけだと思います。

私が生まれる前には、家族に病人が続き、山や田畑を売って病院に掛かっていたそうで、高校をなんとか卒業させてもらい、就職しました。生活はかなり苦しく貧乏でした。
生活保護を受けた時期も・・・
寒さが身にしみる茅葺の我が家でした。

「もう貧乏は嫌だ、なんとかしたい・・・」
「よーし!」と思ったのは21歳の時でした。仕事も冬はなく、出稼ぎには10数年ほど出ましたが、この21歳のとき、冬だけは会社から離れて、おもに関東へマンション内装の請負で働きに出ました。 3年や4年しか仕事をしていない若造ですから解らない事も沢山ありました。でも、負けるわけにもいかず、
知らないともいえず、朝早く、お昼休み、夜みんなが帰った後にこっそりと仕事を盗みに行ってましたね。(笑)

おかげ様で我が家の生活も少しずつ楽になり、「人生には波があるのかな」と感じるほどでした。

こんな時です
「家造りはタイミングと決断が大事だ」とも思い、私は、両親と相談をし、大きなローンを組み、憧れのマイホームを建てたのは。

ほとんどが残業と休日で造り上げたと言ってもいいと思います。
(とても頑張りました。今は体力的に無理です・・・《笑》)
2階は未完成のままの状態で引っ越しをしたのですが、それでも夢にまで見たマイホームでしたから、嬉しくて両親と3人でお寿司と鍋でささやかなお祝いをしたことを今でも思い出します。

image (91) 谷川岳に登った時です。
随分痩せていました。
富士山にも登りました。
image (92) 立っているのが私です。

この頃は、自分でも驚くほどの行動力があっていろいろな事をやってみました。

友人の勧めで登山をしたり、髪の毛を長くしてギターを弾いたりもしていました。グループサウンズの時代が終わり、フォークソングが盛んだった頃です。かぐや姫や、アリスといったグループには、かなりはまりました。

少しは、仲の良い悪友達ともはめを外したこともありましたが、今となっては良い経験や思い出になっています。

自営をするようになった理由は、長男が1才半になり、2人目の子供を考えていた頃またまた 「生活に余裕がなくなる」 と考え、妻にも相談し、かなり悩みましたが結論は 「一念発起」 いちかばちかの状態で自営することになりました。

天は味方してくれました。
私の会社は、平成2年1月1日より「水落住建」として個人経営からスタートし、平成17年3月には「有限会社 水落住建」と法人化致しました。

現在は、私 ・妻 ・ 設計兼現場監督3名 ・ 大工5名 ・ 設備配管工1名 ・配管手元1名 ・ 事務1名 ・ 設備設計1名、その他臨時の方々が数名のスタッフで営業しております。

大工工事と設備工事を両方やっている会社です。お客様に「珍しいね」とよく言われます。

開業当時は、湯沢のマンションブームだったこともあり、おかげさまで、会社の土台作りが出来ました。湯沢に通っていた他の人も皆そうだったのではないでしょうか。

その後は、大手ゼネコンの二次下請けで、病院 ・ 老人ホーム ・ 学校 ・アパート ・ マンションなどの大工工事を請け負っていました。

珍しいのは酒蔵で朝日酒造の一号蔵を作ったことがあります。
技術的な功績を買われ、工事が終わった時に、久保田の万寿を頂きました。

それと合わせて地元の建設会社が契約した住宅を下請けで、一年間に8~13件くらいの住宅を建てさせて頂いていました。

設備工事を取り入れたのもこの頃です。
なぜ取り組んだかと言うと、一つは水廻りのリフォーム工事の受注につなげるためです。

もう一つは、中間マージンのカットで少しでも安く工事をしたいということでした。 しかし、メリットはもっとありました。
それは、メンテナンスの早い対応と、打ち合わせが毎日出来る事から、現場の工程がスムーズになったことです。

設備工事も開始から1数年経ちましたが、設備工事をさせて頂いたお宅も300件を超え、お客様からも「工事が早い ・ 価格が安い」等、大変喜んで頂いております。


私達スタッフ一同
「皆様が、楽しみながら家造りをして頂き新しい家で必ず幸せに暮らしてほしい」このような思いで家造りをしています。

そのために、それぞれのお客様に合った計画を真剣に話し合いながら決め、あわてずに、目標が決まるまでは、行動はしないようお勧めしております。

image (93) image (94)
とってもご家族が仲良しです。
吉楽様
完成がものすごく楽しみ。
水落様

image (95) image (96)
待望の男の子が生まれました。
俵山様
冬暖かくて最高。
水落様

image (97)
家に帰るのが楽しみ。
村山様

自営も長くなってきた頃には、私どもに依頼して下さるお客様も増えて年間2~4件ほどの新築と沢山のリフォーム工事をさせて頂くようになり 順調でした。私生活ともども。

そんな時の「中越大震災」です。
自分の家は大きな被害はなかったのですが、家具や食器はめちゃめちゃでした。
今は亡くなりましたが、当時要介護の認定を受けていた両親を三好園さんが預かってくれ、妻と子供たちに家を任せ、地震の次の日はもう、お客様の家を応急修理していました。

今までの、仕事に対する考え方、お客様に対する思いが自分の中で「ガラッ!」と変わりました。
その訳は

地震から一年、必死に働きました。
自分の生活のためだった仕事を、「お客様が心の底から感謝してくれる」
自分を頼ってくれる人が沢山いたことに自分が、大工をしている意味が他にもあったことに気づかされました。

image (98) どう対応したらいいのか?

どういった言葉をかけてあげたらいいのか?

話を聞いてあげる以外思いつきませんでした。

自分達も多くの方から助けて頂きました。
決して忘れてはいけないことだと思います。
東北大震災の出来事は、とても他人事とは思えません。
多くの方にお世話になった恩返しとまではいきませんが、できることを一生懸命やっていきたいと思っています。

当時は、失礼ですが、「家を直すゆとりは無いけれど、怖くて住めない」 と言う人もいました。
ボランティアのように家を直し、協力業者にも事情を話して精一杯の協力をしてもらいました。

噂では、その時の状況、勢いや成り行きで家を建てた人が、その後の生活に苦しんでいるという話も聞きます。

そして、建設会社が儲けた・・・と言う話も聞きました。

1年後
何ができるか?  本気で考えました。

妻に、「今まで蓄えたお金で勉強したい」と・・・。  共感してくれました。

世の中に80%以上の人が 「家造りに失敗をしている」 こんな事実を知り、お役に立てるには知識が必要と考え、取得した資格は 『資金計画アドバイザー』 『増改築相談員』 など頑張りました。

image (99)  image (100)  image (49)
他にも一所懸命勉強して、いろいろな資格を取りました。下請け中心だった私にはこの思いをどうやって伝えたらよいか、また、もっとお役に立つにはどうしたら良いか悩んでいた時、

『安くていい家をつくる会』に出会いました。全国で300社を超える会です。

本当に、お客様の事を中心に考える、私の考えをさらに上回る会でした。
今では、資金計画を中心に、アドバイスをしながら楽しく家造りをして頂くお手伝いをしています。

1421662887 以前には、同じ志をもつ上越の工務店さんと、家を建てる人が失敗のない家造りをして頂けるようにと『本』を出版致しました。

約2年の時間をかけて、何回も何回も打ち合わせをしてきました。
『本』を出版するなんて自分の人生の中で奇跡的な事だとよく話しています。

本心は恥ずかしさでいっぱいですが、家を建てようと考えている方で悩んでいる事や、不安に思っている事の一部かも知れませんが、この本を読んで

「少しでも参考になり、お役に立てればとても嬉しいね」

と、今までのお客様の実例をもとに二人で考え抜いて書き上げた本です。

二人とも心の底から、「家づくりされる方が成功して欲しい」という思いでいっぱいです。
私は、こんな思い出や経験を生かして、お客様と二人三脚で、楽しみながら家造りをしていただき、建てた後も、家族が安心して楽しく暮らせることを心から願って家造りをしています。

そして、思い出がいっぱい残せる心のこもった家造りのお手伝いがもっともっと出来ればと考えています。

家を持ってたくさんの思い出をつくるために必要なこと 私たちの結論は・・・

「家族の幸せって何なのか?」
「家づくりって何なのか?」
「どんな家づくりをすれば家族が幸せになれるのか?」

そんなことを考え続け、極めた家づくりは・・・・
「価格の高い家=家族が幸せになれる家」ではない、という結論でした。

だから私たちは、信念を持って、子育て世代のための「安くていい家」をつくっています。

子育て世代は、ただでさえ、お金のかかるときです

私は、「家づくりは、家族が幸せになるためにある」といつも思っています。

「何を当たり前のことを、、、」と思われるかもしれませんが、 悲しいことに、家を持つことですべての人が幸せな人生を過ごしているというわけではないという現実があります。

なぜ、家づくりで不幸になってしまう人が多いのか?

「本当に必要な家」ではなく、「必要以上に豪華な家」を建ててしまう人が多いからです。

家は、人生を豊かにするためにあるものです。大切な家族が安心できて、家に帰ってくるとほっとできて、「なんとなく幸せだな」と感じられたら、それは最高の家だと思います。

それが家の役割だと私は思います。

でも中には、家をつくって、不幸になってしまう人もいます。

家のために人生を犠牲にしてしまうからです。

たとえば、カッコイイ外観で豪華なキッチンなどが装備された家であっても、その家を建てることによって生活が苦しくなったり、子供と遊ぶ時間がなくなってしまったり、夫婦仲が悪くなってしまったとしたら・・・・。

その家は本当に「いい家」なのでしょうか?

私はそうは思えません。

担当営業マンは、どうしても高い家をすすめます。
自分の売り上げに関わってくるので、彼らも必死です。

ただ、どうか家を持つことの意味だけは、いつも忘れないで欲しいと思います。

「家は家族が幸せになって、思い出をつくるためにある」ということです。
それさえ、忘れなければ、家づくりで不幸になることはありません。

もし私が友人に家づくりを相談されたなら・・・

もし、私が友人に家づくりを相談されたら、まず、この話をすると思います。
家を建てるときに、気をつけなければならないことがあります。

私も、子育て世代の「安くていい家」と繰り返してしまいましたが、、、
いかに私たちがお値打ちに家をつくろうが、他の誰かが何を言おうが、気をつけていただきたいことがあるのです。

家というものは一生のうちで一番高い買い物です。
家は、家族を守るもの。そして、家族を幸せにするもの。
家づくりが元で、不幸な家族を作ってほしくない、私はそう思うのです。

ですから、これから家づくりをお考えの皆さんにどうしても知っておいていただきたい事があります。
まずは何より初めに、無理の無い予算を決めてください。

いくらローンが組めるかではなく、いくら払えるかを大切にしてください。

先のことを考えずにお話の上手な営業マンの説明を鵜呑みにし、せっかく手に入れた家を何年かしてから売らなければならないのでは、悲しすぎるのです。

無理のない予算を決めたら、その予算で建てれそうな会社を3社くらいは回ってください。

十日町の工務店は、みんな一生懸命やっていますが、その会社の家づくりに対する想いや考え方、そして担当者の事が気に入った会社で建ててください。

なぜなら家は住み始めてからが一番長いお付き合いだからです。

それから、土地を買うときは不動産屋さんだけでなく、住宅会社に必ず相談すると安全です。

建築のプロにしかわからない土地選びの落とし穴は意外に多いからです。

そして、せっかくこのページを訪れてくれて、ここまでお読みくださったあなた様に、私からひとつのプレゼントをさせて欲しいと思います。 image

私のところ以外の他社さんでお建てになられたとしても使える、家づくりに失敗しないための本です。
家づくりに失敗したくない、と思われる方は、ぜひこの本をお読み下さい。

私は、営業は苦手です。無理に家を買ってくれなど絶対に言いません。

安くていい家をつくっていくために出来るだけ経費を抑える努力をしています。
ですから営業マンはいませんし、極力お客様の家にお金を使いたいという志を持っています。
おかげさまで、私たちの活動に共感して頂くお客様が増えて、忙しい毎日を過ごしております。

これからも「親子2代であなたのお家を守り、十日町で一生お付き合いできる工務店」として努力してまいります。

あなた様が 「ちょっと相談が・・・」 とか 「教えてほしいんだけど・・・」 というようなことがあれば皆様の方から是非ともお気軽にお声をかけて頂きたいのです。

メールやお電話でも結構です。 きっと、何かのお役に立てると思います。
家造りは不安や、心配が付き物です。
不安や、心配な事があれば私 水落 までご連絡を下さい。
勉強してきた知識、今までの経験、技術を出し切り全力でお手伝い致します。

社員、協力会社さんと共に、お客様の幸せを願って一生懸命頑張ります。
小さな工務店ですが、チームワークが最高です。


▶お問い合わせはお気軽にお寄せ下さい。

ご希望の内容

お問合せ内容※必須
お名前※必須
お名前(ふりがな)※必須
E-mail※必須
電話番号※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市町村※必須
番地・建物名・部屋番号※必須