大規模リフォーム|十日町でリフォームするなら水落住建

大規模リフォーム

お家を丸ごと生まれ変わらせる
水落住建の大規模リフォーム

そろそろ家を新しくしようと思っているけど、新築までは考えていない・・・。
そんな悩みを抱えている人には「大規模リフォーム」がお勧めです!


大規模リフォームってなに?

最近テレビでもやっていますが、既存の住宅の構造体(柱や梁)などを残し骨組みだけにしてもう一度新しく作り直すリフォームです。
リノベーションと言う名称でも呼ばれています。
屋根、外壁、断熱、耐震、内装、設備など全てのリフォームをやり直すことで、完成した後には新築とそん色ない出来上がりになります。

詳しい工事内容等↓


なぜ新築ではなくリフォームなのか?


骨組みだけ残してリフォームするなら新築してしまえば良いのでは?
と思う人も少なくないはずです。では、なぜ新築ではなくリフォームをするのかといいますと、

①固定資産税がかわらない!

一つ目の理由は固定資産税が今までの家と「変わらない」と言うところです。
新築をした場合、その分の固定資産材が毎年何十万円とかかってきます。
しかし、リフォームであれば増築、減築をしない限り固定資産税が変わることはありません。
そういった点ではリフォームのほうが良いでしょう。

②工事に必要な金額が安く済む!

実際に必要な金額も変わってきます。
同じ大きさの家を新築とリフォームした場合、リフォームのほうが安く工事が出来ます。
なぜかと言うと「柱」「梁」「基礎」が基本的に残っているからです。
そのため同じ大きさの家でもリフォームのほうが安く工事が出来るのです。

大規模リフォームの注意点

大規模リフォームをする際には気をつけなければならないことがいくつかあります。
この注意点をしっかりと理解してから進めるようにしてください!

①間取りの制限

先ほどの項目でも少し書きましたが、増築や減築をするとその部分の固定資産税が新たにかかりますので、メリットを活かす為には増築や減築をすることは出来ません。
それに加え、既存の住宅をリフォームするわけですから既存の住宅の構造にあわせて間取りを計画しなければいけません。
なので、新築と同じように好きに間取りを決められるわけではないのでご注意ください。

②修繕費が高くつく場合がある

古い住宅をリフォームする再に必ず問題になるのは「劣化による損傷」です。
これを修繕しないことには耐震基準を満たすことが出来ません。
その他にも断熱材の欠損や劣化などもあれば、それも一緒に直さなくてはいけません。
この劣化による損傷の度合いによっては本来必要のなかったお金が発生する可能性がありますので、資金計画の際はこの修繕費用もしっかりと組み込んで考える必要があります。

水落住建の大規模リフォームの事例

■N様邸:築80年の元工場を大リフォーム!■




■H様邸:新築の予定からリフォームに変えて新築同等に!■




その他気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。