スタッフブログ十日町市 注文住宅とは?

二代目 2022/04/02

十日町市 注文住宅とは?

【2022年最新版】十日町市注文住宅とは?
意外と知らない注文住宅のアレコレ

注文住宅とはどんな家?

注文住宅は、
お客様が間取りなどを
自由に決めることができる住宅

購入した土地(所持している土地)に
自分の好きな間取りを設計して
建てる住宅のことを「注文住宅」といいます。
しかし、注文住宅にも種類があります。

1から10まで
すべてを決めることができる
“フルオーダー”

設計事務所などに設計から依頼すると、
いわゆるフルオーダーの家を
建築しているところが多くあります。
間取りはもちろん、建物の構造、
断熱材の種類、設備機器のメーカーや
棚の段数・高さなどの細部まで
すべてお客様が決めることができます。

時間はかかりますが、
本当にこだわった
家づくりをする方におススメです。

標準仕様が決まっている
“セミオーダー”

ハウスメーカーや
地域の工務店などの多くが、
標準仕様が決まっている
「セミオーダータイプ」の家になります。
間取りは自由に決めることができるけど、
建物の構造や断熱材や
設備機器のメーカーなどが
標準仕様で決まっています。

ただし、会社によって
どこまでの標準仕様が
決まっているのかは変わりますし、
オプション扱いで標準仕様を
変更することができる場合もあります。
設備機器のメーカーや壁紙の色などは
お好きなものを選べるところが多いと思います。

セミオーダーの会社の場合は
どこまでが標準仕様で
どこからがオプションなのかを
始めに聞いておくことをおススメします。

建築条件付きの土地

土地探しをしていると「建築条件付き」の
土地が販売されていることがあります。
この土地を購入すると、
決められた建築会社でしか
建物を建てることができません。
建築会社が決まっていても、
間取りや色などは自由に決めることができます。
建物としては注文住宅と一緒ですが、
自分の好きな会社を
選ぶことができないというのが
少し違う点になります。

注文住宅と規格住宅・建売住宅の違い

家づくりを考え始めると
「規格住宅」「建売」という
言葉もよく目にします。
注文住宅とは全く違うものになりますので、
検討される際はご注意ください。

間取りや仕様が決まっている
“規格住宅”

注文住宅とは違い、
間取りや仕様がすべて決まっているものを
「規格住宅」といいます。

お客様が選ぶものは
土地と外壁や壁紙の色くらいのところが多いです。
色も決められた範囲内で選ぶようになります。

決められた範囲でしか
選ぶことができない代わりに、
お打合せの時間等が減るため
価格は安価なものになります

規格住宅の間取りを少しでも変えると、
大幅な増額になる場合がほとんどです。
規格住宅を選ぶ際には
初めにしっかりと吟味をしてください。

完成した建物を購入する
“建売住宅”

建売住宅は
すでに完成した新築の建物を購入することです。

間取りや仕様だけでなく、
土地・外壁や壁紙の色などすべてが決まっています。
まだ建築中の場合もありますが、
基本的にはお客様のご要望を通すことはできません。

普段洋服などを買いに行く
イメージと近いかと思います。。

完成した建物を購入するため、
お打ち合わせ時間もほぼ必要ありませんし、
価格もかなり安く売られています。

建売住宅は完成した建物を
内見することができます。
中をしっかりと見せてもらい、
本当に気に入れば
ご購入をご検討されるといいと思います。

注文住宅を建てるときの期間と予算

お打ち合わせから完成までおよそ“1年”

先ほどお伝えした
建売住宅の場合はすでに完成しているため、
購入後すぐに入居することができます。
しかし注文住宅の場合は
着工から完成お引渡しまでに
数ヶ月必要になります。
その他に、間取りのプランニングや
仕様決めなどの時間が必要になるため、
余裕を見て1年程度の期間が必要になります。

工事期間については
水落住建の場合は平均して5カ月~6カ月程度が必要になりますが、
建築会社や工法、建物の大きさによっては
もっと早く終わる場合もあれば、
長くかかる場合もあります。

住み始めたい時期が決まっている場合は
そこから逆算してスケジュールを組んでいきます。

ここで注意していただきたいのは、
入居を急ぐあまり
余裕のないスケジュールを組んでしまうことです。
お打ち合わせ時間が
極端に少ないスケジュールを組んでしまうと、
ご希望の住宅を建てることが
難しくなるかもしません。
そうならないためにも
余裕のあるスケジュールを
建築会社と一緒に組んでください。

予算オーバーには気を付けて!
注文住宅は上限なし

フルオーダーでもセミオーダーでも、
注文住宅は間取りや仕様を
自分で自由に決めることができます。

そのため価格が決まっていないことがほとんどです。

よく見る「坪単価〇〇円~」というものは
あくまでも目安の金額であって、
こだわりのある注文住宅を作っていると
簡単に超えてしまいます。
夢のマイホームであれもこれもしたい気持ちは
非常によくわかりますが、
ご自身の予算を把握して、
超えないように気を付けてください。

また、予算を建築会社に
しっかりと共有することも重要です。

予算コントロールを
しっかりとしてくれて、
予算オーバーしそうなときには
ちゃんと伝えてくれる
そんな建築会社を選ぶようにしてください。

【注文住宅のメリット】

世界に1件だけの
こだわりのマイホームを作ることができる

注文住宅の一番のメリットは、
自分の思い描いた家を
造ることができることです。

自分で考えた間取りで
暮らすという満足感は
何物にも代えがたいものだと思います。

また、できた後の暮らしを
考えながら間取りを考えることも
注文住宅の楽しみの一つです。
規格住宅や建売住宅は
安く購入することができますが、
注文住宅のような
感動や楽しみは薄れてしまうかもしれません。

工事中の建物を見ることができる

注文住宅は
1から建物を造るため、
建築途中のお家を見ることができます。
ほとんどの建築会社は
しっかりと工事されていますが、
お客様ご自身が
建築中の建物を見ることができる
それだけでもだけで安心感は違うと思います。

また、注文住宅であれば
工事中でも追加工事をお願いすることもできます。
建築中に「ここに棚があったら便利そうだな…」と
思うのはよくあることです。
その時は、できるだけ早く建築会社の
担当者へお伝えください。
工事の進み具合では難しい場合もありますが、
間に合えば、ほとんど対応してくれるかと思います。

【注文住宅のデメリット】

完成まで現物を見ることができない

完成しているものを見て
購入する建売住宅とは違って、
注文住宅の場合完成するまで
仕上がりを見ることはできません。
建築会社から出される
間取り図面を見ながら
想像していただくことになります。
最近では模型や3Dパースを使って
プランニングを進める
建築会社も増えていますので、
昔よりはイメージがしやすくなっています。

しかしあくまでもイメージ図なので、
完成してみたら思っていた色と違った、
リビングが思ったよりも狭く
暗かったといった問題も
起きる可能性があります。

そういったことを少しでも防ぐために、
モデルハウスの見学や、
依頼しようと思っている
建築会社の内覧会を
積極的に見に行くことをおススメします。

大まかなイメージを膨らませるためなら
住宅展示会などのモデルハウスでも十分です。
しかし、モデルハウスはお客様に
夢を膨らませていただく場所です。
なので、基本的には
ハイグレードな設備機器を使用していたり、
広い間取りのモデルハウスが多いです。

もっと現実の暮らしに近いイメージをするためには、
実際の住宅内覧会を
見に行かれるといいかと思います。
実際の住宅であれば
リアルな設備機器や広さを
体験することができますので、
ある程度話が進んできたら、
内覧会に行くことをおススメいたします。

【注文住宅を建てるときに知っておくと役立つこと】

間取りのお打合せは
設計士と一緒にできるところがオススメ

間取りのお打合わせに
営業担当だけしかいない建築会社よりも、
設計士が同席してくれる
建築会社のほうが
スムーズにお打合わせが進みます。
設計士が同席していると、
細かい部分のアドバイスや、
「できる・出来ない」の判断も
その場でできることが多いです。
設計士が同席できず営業担当だけの場合、
その場ではうまくまとまったのに
設計士に確認したら
それは出来ないと差し戻される場合もあります。
そうなるとどうしても
二度手間になってしまいますので、
建築会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

部屋や家具のサイズ感を知っておくと
お打合わせがスムーズ

プランニングをしていると
担当者に「このお部屋は〇帖くらいで」
「ダイニングテーブルやソファは
これくらいの大きさで」と、
あたかも知っているかのような
話し方をされる場合があります。

もちろん、大きさやサイズ感を
教えてくれる建築会社を選ばれるほうがいいですが、
お客様自身も、理想のお部屋の大きさや
置きたい家具の大きさを知っていると、
プランを考える際にイメージがしやすいと思います。

大手家具販売メーカーの店舗へ行くと、
実物サイズの家具や、
最近はお部屋をイメージした
展示スペースもあったりしますので、
家づくりを考え始めたら
一度家具屋さんなどへ行くことを
おススメします。

イメージ写真をとっておくと伝わりやすい

近年では
ツイッターやインスタグラムなど、
SNSでたくさんの間取りや
デザインの写真がUPされています。
写真を見て「このイメージいいなぁ」と思ったら
ぜひ写真を保存しておいてください。
そのイメージ写真があるだけで
建築会社への伝わり方が全然違います。

遠慮せずにどんどん写真を
見せるようにしてください。

【まとめ】

注文住宅は
間取りや仕様を好きに選ぶことができる住宅のことを言う
規格住宅や建売住宅とは違い、
自分の思い描いた住宅を建てることができる

完成までにかかる時間が長いので
スケジュール管理が大切

こだわりが強すぎると
予算オーバーする可能性もある

注文住宅は色々と自由に決めることができますが、
すべてをお客様自身が
決めるのはなかなか大変なことです。
色んなケースを経験している
信頼できる建築会社、
成功例、失敗例を沢山知っている担当者からの
適切なアドバイスをもらいながら
後悔のない家づくりをしてください。

Contact

お問い合わせ

イベントのご予約、ご質問等は下記の電話番号もしくはお問い合わせフォームよりお願いします。