二代目ブログ価格がわかりにくい業界だからこそ慎重に

2024/01/16 家づくり

価格がわかりにくい業界だからこそ慎重に

みなさんこんにちは。
水落住建の水落雅士です。

昨日のブログで
嫁さんの実家のお話をしましたが

実は昨日のお話には
まだ続きがありまして…

今日のブログは
そのお話を交えながら
建築の価格について
お話をしていきます。

過去のブログを読みたい方はコチラから

https://ameblo.jp/masashi-mizu

修理費用高くない?

実家の水漏れですが
結局業者に来てもらって
蛇口を交換したそうです…が

どうも
ちゃんと直らなかったみたい…

しっかりと直すためには
追加で料金が必要になる

というお話になったそうです。

そこで怪しく感じたお義母さんから
電話がかかってきたのですが…

お話を聞いていると
どうも元々の料金も高いし
追加の金額も高そう…

なので私は

どうするかはお義母さんが
決めないとですが…

個人的には少し高いかなと感じます。

と素直にお伝えさせていただきました。

高い・安いの判断が難しい

建設業界って
高い・安いの判断が
非常に難しい業種だと思うのです。

特に水漏れなどの
緊急を要する場合
価格の検討をする時間がないまま
業者の言い値で依頼をしてしまいがちです。

しかも
業者からそれっぽい理由で
追加費用が掛かります!


なんて言われた日には

あぁ…そうなんだな…

と納得してしまう人が
非常に多いのです。

余裕があるなら相見積もりを

最初に提示された見積で
納得ができるのであれば
問題ないのですが

もしも出された金額が

高いな…

と感じる場合は
他の建築会社にも
話を聞いてみることをおススメします。

いわゆる

相見積もり

ですね。

特に大きな工事になればなるほど
相見積もりは大切になってきます。

もちろん
会社によって工事のやり方が違うので
価格の違いは出てくるのですが

会社ごとの特徴と
自分が求めているものを検討してから
決めることをおススメします。

緊急の場合どうしたらいい?

今回のように
緊急案件の場合はどうしたらいいのか?

私個人的には

地元の信頼できる業者に頼る

というのが
一番リスクが少ないかと思います。

緊急で対応してくれるような
チェーン店のような会社もありますが

どんな人が来るかもわからないし
ましてや今回のような事例が
出てしまうかもしれません。

そういったことを防ぐためにも
やはり地元の工務店などに
依頼をするのが
良いのではないかと思います。

そうはいっても
普段から付き合いがある会社なんて
全然ないよ!

という方もいらっしゃるかと思います。

そうならないためにも

近所の人に聞いてみる

インターネットで前もって調べておく

というように
いざという時のために
情報を仕入れておくことをおススメします。

まとめ

今日のブログは
建築業界の価格について
お話しましたが
いかがだったでしょうか。

今の時代
インターネットで色々と調べることもできますので
少しでも怪しいなと感じたら

まずは落ち着いて
考えてみるといいかと思います。

中には悪徳な方もいますので
不当なお金を請求されないよう
十分お気を付けください。


価格がわかりにくいものとして
システム開発等のお仕事も
価格がわかりにくいですよねぇ…。

しかも結構いいお値段するので

なんでそんなに高いの!?

と思うこともしばしば…(笑)

しっかりと見極めていきたいところですね。

家づくりで
気になることや
聞いてみたいことがありましたら
右にあるお問い合わせバナーから
お気軽にお問い合わせください!

それでは
また明日!

Contact

お問い合わせ

イベントのご予約、ご質問等は下記の電話番号もしくはお問い合わせフォームよりお願いします。